北海道・美瑛の四季を味わう、たかはしよしこさんの小さな平屋のレストラン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

北海道・美瑛の四季を味わう、たかはしよしこさんの小さな平屋のレストラン。

「春夏秋冬、美瑛の四季をまるごと楽しんでもらいたい」。万能調味料『エジプト塩』のつくり手として知られる料理家、たかはしよしこさんのレストラン〈SSAW BIEI〉が北海道・美瑛町にオープンして約3ヶ月。建物は、元教員住宅のリノベーション。北の大地の素材をふんだんに使った「ここにしかない一皿」が味わえる。

●森のなかに佇む、小さな平屋のレストラン。

〈SSAW BIEI〉の入り口にて。料理家、たかはしよしこさん。
北海道のほぼ中央に位置し、十勝岳連峰の裾野に広がる美瑛町は、美しい「丘のまち」として知られる。たかはしさんが美瑛に移住したのは2020年の春のこと。きっかけは、美瑛のその「美しい丘の風景」を一躍有名にした風景写真家、前田真三の写真館『拓真館』のリニューアル計画だった。前田真三は、たかはしさんの夫・前田景さんの祖父で、『拓真館』を含めた1万平米余りの広大な敷地を拠点に、家族の新たな生活がスタートした。
駐車場から森を抜けてレストラン〈SSAW BIEI〉へ。季節ごとの森の風景もまた楽しみのひとつ。
レストランのすぐ脇にある「白樺回廊」。食事の前後に散策もできる。
「SSAW」の名は、春、夏、秋、冬の英語の頭文字をとったもの。
秋にはフカフカの絨毯のような、落ち葉でいっぱいの足元に。テラス席は5月〜10月まで。
実は、かつてこの場所には小学校があった。『拓真館』は元体育館。白樺の木立が絵のように続く「白樺回廊」は、小学校の元校庭。「祖父たちが校庭だった場所に2500本の白樺を植え、30年かけて今の森になった」と景さんは話す。

レストラン〈SSAW BIEI〉の建物は、その「白樺回廊」のすぐ脇に残されていた元教員住宅のリノベーション。森のなかにひっそりと佇む、小さな平屋の、可愛らしいレストランだ。

●たかはしさんの好きなものをつめこんだ、第二の家。

店内はカウンター席のみ。椅子はカリモクニュースタンダードの《キャストールチェア》。
内装設計は、設計事務所 imaの小林恭さんと小林マナさん。たかはしさんをよく知る小林夫妻からの提案は「よしこさんの好きなものを詰め込んだ、第二の家のような店」。壁や天井の明るいピンク色も顔の見えるオープンキッチンも小林夫妻の発案で、店に入ると、そのアットホームな雰囲気に心が和む。冬が長い北国の暮らしを彩る、明るく温もりのあるデザイン。imaのふたりが「北海道と気候風土が似ている北欧のデザインに詳しいことも頼りになった」とたかはしさん。
正面がもともとあった薪ストーブ。その向こうがキッチン。ストーブ周りの既存のレンガを活かしつつ、壁や床のレンガはあえて張り方を変えて、内装のポイントに。
レストランの開店記念にと、陶芸家、鹿児島睦さんにペイントしてもらったペンダントライト。ベースはイサム・ノグチの照明〈AKARI〉。
LAのアーティスト、ピーター・シャイアーのマグカップ。「手作業で塗り分けられた釉薬のコントラストが美瑛の丘の風景に見えて、ぜひ使いたいと思った」と景さん。
レストランの壁には、祖父、前田真三の写真も。
施工は美瑛の隣町、東川でセレクトショップ〈Less Higashikawa〉を営む浜辺令さんを中心に、地元の大工さんたちにお願いをした。リノベーションの計画がスタートしてから足かけ2年。一番苦心したのは、もともとあった薪ストーブの位置を動かせなかったことだというが、入ってすぐに薪ストーブが迎えてくれるというのも訪問者には嬉しい限り。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!