カーサ特注!〈Äta〉掛川シェフが作る【幻のカレーパン】のフードトラックが出店します。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

カーサ特注!〈Äta〉掛川シェフが作る【幻のカレーパン】のフードトラックが出店します。

最新号『THE BREAD TRENDS 今、いちばん 食べたいパン。』で、カーサ特注のカレーパンを作ってくれた〈Äta〉掛川哲司シェフ。その幻のカレーパンを、10月16日〜17日限定でフードトラックで販売! 〈渋谷パルコ〉前で出来たて、熱々が食べられます!

〈Äta〉の掛川シェフ考案の《Better butter chicken currypan》380円。同じく掛川シェフが手がけるスパイスカレーの〈グッドラックカリー 渋谷店〉がある〈渋谷パルコ〉にて、10月16日〜17日に限定販売。
人気ワインビストロ〈Äta〉を創業し、今年3月、ミシュラン1つ星を獲得したクラシックフレンチ〈au deco〉のオーナーシェフも務める掛川哲司さん。カレー好きが高じて2017年に開いたスパイスカレーの店〈グッドラックカリー〉も今や3店舗を展開している。
色褪せぬ人気を誇るクリームパンとカレーパン。この〝庶民派おやつパン〟のツートップが、ここ数年、実力派のベイカーやパティシエ、シェフらによって再構築され、進化を遂げている。

最新号のパン特集では〈Äta〉の掛川哲司シェフにカレーパンを、〈ease〉の大山恵介シェフパティシエにクリームパンを依頼し、2人の気鋭の作り手に理想の味を試作してもらった。

掛川シェフが作るカレーパンは10月16日〜17日、〈渋谷パルコ〉正面玄関前で出店されるフードトラックで販売される。その名も《ベターバターチキンカレーパン》。テーマはズバリ、〝スパイスを食べること〟だ。
160℃で10分間焼成した白パンを、約60gのバターを溶かしたフライパンで揚げ焼きに。超ファッティな幸福!
生地の材料の例(12個分)。フェンネルシードやマスタードシード、クミンシードとホールスパイスがたっぷり。
ターメリックで生地も鮮やかな黄色に。冷やし固めたバターチキンカレーを包んでいく。
「スパイスカレー店の次なる〝イノベーション〟は何だろう、と考えたんです。スパイスを風味や香りづけだけでなく、食材として味わってほしい」と掛川シェフ。さらにフレンチのシェフらしい最後のひと手間が、たっぷりのバターでカリッと揚げ焼きにする手法。

「キューバサンドのような、バタープレスサンドイッチのイメージ。従来の揚げたタイプから最近は焼きカレーパンが増えているので、いわばその焼きカレー系のハイブリッド(笑)」

タマネギをあえて使わず、ごくシンプルに仕上げたバターチキンカレーのフィリングを、ホールスパイスをたっぷり加えた加水率70%の生地で包んで白パンに。バターを溶かしたフライパンで表面をプレスしながらこんがり押し焼きにし、仕上げにクローブ、クミン、コリアンダー、シナモン、スターアニスなどをミックスしたスパイス粉糖をふりかけて、完成。

焼きたて熱々をかじれば、生地のカリッとした歯応えの後にフィリングの辛みが染み出し、スパイス粉糖の甘みとバターの香りがその辛みを見事に引き立てる。上質な料理の一皿のようでもあり、エスニックなスイーツを味わう楽しさもある。サービス精神旺盛な掛川シェフならではの、まさに〝ベターバター〟なおいしさ!
フードトラックのイメージ。photo_掛川哲司シェフ

〈Äta〉の 《Better butter chicken currypan》

〈渋谷パルコ〉正面玄関前 フードトラック
東京都渋谷区宇田川町15-1。10月16日〜17日。11時〜18時(売り切れ次第終了)。

かけがわさとし

自身が厨房に立つ広尾のフレンチ〈au deco〉が今年、ミシュラン1つ星を獲得。恵比寿〈グッドラックカリー〉、日比谷〈Värmen〉など8店舗を展開。プロデュースも多数手がける。〈Äta〉公式サイト
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!