アフタヌーンティーに予約殺到! 世界初の〈カフェ ディオール by ラデュレ〉|寺尾妙子のNEWSなレストラン | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

アフタヌーンティーに予約殺到! 世界初の〈カフェ ディオール by ラデュレ〉|寺尾妙子のNEWSなレストラン

パリ発の2大メゾン、ディオールとラデュレによる奇跡のコラボレーション〈カフェ ディオール by ラデュレ〉がギンザシックスに誕生。ほぼすべてのメニューが、このカフェのためだけに用意されている。

アフタヌーンティー「カフェ ディオール クラシック」17,600円(2名分)。温かい飲み物付き。マカロンも6種類のフレーバーから好みのものを6個選べる。
映える「ラテ アート」各1,540円。全部で4種類。左上から時計回りに「カナージュ」「スター」「“CD”ロゴ」「クローバー」。アフタヌーンティーのドリンクに、単品でも注文可能。
2021年4月にプレオープン。6月に正式オープンした〈CAFÉ DIOR BY LADUREÉ(カフェ ディオール by ラデュレ)〉に予約が殺到している。オーダーの7割以上を誇る人気メニューがアフタヌーンティーセットだ。1段目のマカロン、2段目のセイボリー、3段目のプティ・フール。

「すべてが、このカフェだけのために開発されたオリジナル・レシピです。パリの〈ラデュレ〉と〈ディオール〉で決定され、東京のキッチンで最終的に調整して完璧を目指しています」(シェフ)

驚くほど軽やかなカヌレ、イチゴ&ミルキーな味わいに誰もが虜になるルリジューズ・フレーズなど、どの一品からも両メゾンのゆるぎない美意識が漂う。また、北海道産小麦粉を使用したパン・ド・ミとブリーの小さなサンドイッチや柚子の酸味が爽やかなタルトレットなど、日本の食材も効果的に使われている。
「デリス・ペッシュ・ピスタッシュ」2,970円。カリッとしたピスタチオのサブレに、ピスタチオ風味のやわらかなビスキュイ、フランスの桃であるペッシュ・ド・ヴィーニュのクリーム、バニラ風味のガナッシュを重ねて。下にキャラメリゼしたアーモンドを添えたバニラアイスクリーム。
ナイフを入れると、中からとろりとカカオ64%のフォンダンが出てくる「モワルー・オ・ショコラ」2,310円。バニラが香るクレーム・アングレーズ添え。
花嫁の雰囲気をまとった「デリス・ド・シャテーニュ」2,970円。オレンジピールの香りを効かせたムースに、サクッとした食感のメレンゲ、栗のムースと濃厚なクリームを重ねた1品。1948-1949年秋冬オートクチュールコレクションでデザインされた「シャテーニュ」ドレスにちなんで作られた。
アラカルトのデザートも充実している。クリスチャン・ディオールが愛したデザートへのオマージュとしてつくられた「モワルー・オ・ショコラ」、かつてオートクチュールコレクションでデザインしたウェディングドレスをイメージした「デリス・ド・シャテーニュ」など、ブランドの歴史を織り込んだものも多く、今後はコレクションに着想を得たものやフードメニューも登場する予定という。
テーブル58席。建築家、谷口吉生が設計したギンザシックス内にあるディオール旗艦店の4階。
テイクアウト用、マカロン6個入3,780円。フレーバーはベルガモット、ショコラ・フリュイ・ルージュ、パンプルムース・ローズ、ヴァニーユ・フレーズ、トンカ、べ・ローズ。
この空間のためだけに作られたというテーブルウェアにも注目したい。ディオールのアイコン、 “カナージュ” や “スター” モチーフ、ラデュレを象徴するパステルカラーが誘う夢のひととき。存分に堪能して欲しい。

〈CAFÉ DIOR BY LADUREÉ(カフェ ディオール by ラデュレ)〉

東京都中央区銀座6-10-1 ギンザシックス House of Dior Ginza4F TEL 03 6263 8131。10時30分〜19時30分LO(自粛期間中は17時30分までの入店、19時LO、20時閉店)。デザート2,310円〜。アフタヌーンティー「カフェディオール クラシック」はホットドリンク付き17,600円(2名分)。ラテ アート1,540円、紅茶・ハーブティー1,540円など。要予約(当面の間はオンライン予約、または電話予約のみ)。

寺尾妙子

てらおたえこ  食ライターとして雑誌やWEBで執筆。好きな食材はごはん、じゃがいも、トリュフ。現在、趣味の茶の湯に邁進中。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます