人と人が繋がる、ローカルに愛されるカフェ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

人と人が繋がる、ローカルに愛されるカフェ。

『カーサ ブルータス』2020年7・8月合併号より

人気コーヒーブロガー、ヴォーンが、東京・豊島区の東長崎にカフェをオープン。

ヴォーンとアリソン理恵夫妻。
シドニーのデザイナー、ヘンリー・ウィルソンのランプ。
建築家で妻でもあるアリソン理恵が手がけた店内の中央にあるテーブルでは、人々が向かい合い、コミュニケーションが自然と生まれる。豆は〈PADRE COFFEE〉や〈FUGLEN〉のものを、メニューやその日によってセレクト。店内のインテリアには、ヴォーンの地元であるオーストラリアのデザイナーによるアイテムが随所に。
カフェラテ600円(税込)。豆は他に〈茶亭 羽當〉や〈HORIZON LABO〉のものも。
お酒も飲め、週末は夜まで営業。

〈MIA MIA〉

東京都豊島区長崎4-10-1。8時〜19時(金・土〜22時)。火曜休。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます