小寺慶子のレストラン予報|新井薬師前〈MAROLOGA Bhavan〉 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

小寺慶子のレストラン予報|新井薬師前〈MAROLOGA Bhavan〉

『カーサ ブルータス』2020年2月号より

自由で刺激的なスパイス酒場に詣でる人が急増するでしょう。

プレオープン中のカレープレート。現在は日替わりスペシャルプレート(2,500円前後)を提供。
ドーサ900円、チキンティッカ600円、ゴアソーセージのグリル700円。
南インド料理や大阪で発祥したスパイスカレーのブレイクにより、年々裾野が広がっている印象のあるスパイス料理。地域に特化した店が増える一方で、自由にオリジナリティを突きつめる料理人の台頭も目立つ。昨年末、新井薬師前の商店街に〈マロロガバワン〉をオープンさせた礒邊和敬さんは、いまもっとも注目度の高いスパイス料理人だ。

目指すのは「バールのように気軽に立ち寄ってもらえるスパイス酒場」。子どもの頃に食べたキーマカレーが忘れられず〈アンジュナ〉や〈エリックサウス〉で働きながら理想のスパイス料理を追い求めた。水分をしっかり飛ばしてドライに仕上げたキーマカレーや甘くないバターチキンカレー、酸っぱ辛いゴアソーセージのグリル、子どもも大好きだというクリームチーズとカシューナッツでマリネしたチキンティッカ。スパイス使いは刺激的でありながら口当たりはマイルドで、攻めすぎない自然体の味わい。気分もスカッと晴れやかになるスパイスの恩恵を受けに何度でも足を運びたくなる。
昼限定の持ち帰り(11時〜17時)はカレー1種とライスで600円(税込)。
 
[予算]3,000円〜
一品料理は800円前後、ソムリエの奥様が選ぶボトルワインは3,000円〜と毎日通いたくなる真心価格。

[予約]可
夜は予約をしたほうが安心。今後は20名前後の貸し切りも受け付ける予定なので電話で確認を。

[ドレスコード]カジュアルでOK
思う存分、スパイス料理とお酒を堪能するためにもお腹まわりに余裕のあるカジュアル服で。

マロロガバワン

東京都中野区新井1-35-12 TEL 080 8150 3523。火曜〜土曜:11時〜15時(店内営業&持ち帰り可)、17時〜21時(店内営業&持ち帰り可)。日曜:営業内容不定。月曜休。最新の情報はインスタグラム(marologa.b)にてご確認を。13席(スタンディングあり)。

小寺慶子

こでらけいこ 肉を糧に生きる肉食系ライターとしてさまざまな雑誌に執筆。昨年は人生で初めて牛肉よりも鶏肉の消費量が上回る。最近の開拓テーマは “町寿司”。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます