アートのあとはピッツァを。岡山市に〈koé〉による公園併設型ピッツェリア登場。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

アートのあとはピッツァを。岡山市に〈koé〉による公園併設型ピッツェリア登場。

東京・渋谷の〈hotel koé tokyo〉を手掛けたライフスタイルブランド〈koé〉が、岡山市・石山公園内に「公園併設型ピッツェリア」と「地産地消」をコンセプトとした〈koé pizza okayama〉をオープンする。

店舗はキッチンカーとコンテナで構成されアウトドアを満喫できる作り。
〈koé pizza okayama〉のオリジナルグッズ。長場雄が描く“牛”をモチーフとしたキャラクター 「Mary(マリー)」のTシャツ、キャップがとにかくかわいい。6月19日から店頭で販売。
1/4 slice pizza(テイクアウト用)のパッケージにも長場雄のイラストが。
石山公園は、岡山市の文化施設が集まる「岡山カルチャーゾーン」の中心に位置し、〈岡山城〉〈岡山後楽園〉や清流・旭川を臨む美しい公園だ。〈koé pizza okayama〉は、公園の景観を生かすため、キッチンカーとコンテナのみの店舗と大きなルーフの下に並ぶ客席で構成されている。そんな、まるでオートキャンプのようなアウトドア空間で、希少なチーズや瀬戸内産のレモン、岡山県牛窓のマッシュルームなど地産の新鮮な食材をふんだんに使った窯焼きピッツァを堪能できるのだ。この大胆な店舗設計は建築家・萬代基介によるもので、イラストレーター・長場雄によるキュートな牛のキャラクター〈マリー〉があしらわれた店舗デザインやパッケージなどは川上シュン(artless Inc.)がアートディレクターを務めている。
〈koé pizza okayama〉のキッチンカー。
清らかな旭川の水辺がすぐそこに。
《岡山県岡山市/グリーンアスパラガスと岡山県倉敷市/無添加ベーコンのレモンクリームピッツァ》2,000円。6月19日~30日まで。イートインのみの提供。
〈koé pizza okayama〉は石山公園内に店舗を構えることで継続的に人の流れを作り、アートフェス『岡山芸術交流』でも盛り上がりを見せた市内のカルチャーゾーンを活性化させる役割も担っていくという。

開店記念として、〈岡山城〉〈岡山後楽園〉〈岡山県立美術館〉〈岡山県立博物館〉〈オリエント美術館〉〈林原美術館〉〈夢二郷土美術館〉の入場チケット持参でお会計が20%オフに(6月30日まで)。限定ピッツァとして、旬のアスパラガスと瀬戸内のレモンがさわやかな《岡山県岡山市/グリーンアスパラガスと岡山県倉敷市/無添加ベーコンのレモンクリームピッツァ》が6月30日まで販売される。

アートをたっぷり堪能したら、風が吹き抜けるオープンエアな公園で自然とピッツァを味わう――この数ヶ月なかなかできなかったことを、思う存分叶えてくれる場所ではないだろうか。

〈koé pizza okayama〉

岡山県岡山市北区石関町7石山公園内。6月19日グランドオープン。〈1月~3月〉10時~17時、〈4月~6月〉10時~17時(月・火・日・祝日)/10時~20時(金・土・祝前日)、〈7月~9月〉10時~20時、〈10月〉10時~17時(月・火・日・祝日)/10時~20時(金・土・祝前日)、〈11月~12月〉10時~17時。水曜、木曜休(祝日の場合は営業)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます