進化系フルーツサンドを〈エトワール麻布〉で発見|寺尾妙子のNEWSなレストラン | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

進化系フルーツサンドを〈エトワール麻布〉で発見|寺尾妙子のNEWSなレストラン

旬の国産フルーツを主役にしたデザートが話題のシャンパンバー〈エトワール麻布〉。元ミシュラン2ツ星フレンチのパティシエが手がける進化系フルーツサンドは必食だ。テイクアウト&デリバリーにも対応する。

イチゴサンドのクリームには柚子の皮を、キウイサンドのクリームにはタイムやライム、アロエなどをプラス。
東京・麻布十番に誕生した〈エトワール麻布〉はパフェやケーキなど、季節の国産フルーツを主役にしたデザートとイタリア料理に合わせてシャンパンが飲める店なのだが、ここでスイーツ・ブームの次なる主役になりそうなフルーツサンドを発見した。

パティシエ、福間大地が編み出したオープンスタイルで、フルーツの魅力を目一杯引き出した、繊細で奥深い味わいはさすがだ。撮影時のイチゴは酸味が強めで爽やかな香りの静岡産の紅ほっぺ。キウイは熟したときの甘みが強い愛媛産のヘイワード種。

「フルーツの農園には品種を指定せず、そのときに一番おいしいものだけを送ってもらっているんです」と福間。

〈馬場FLAT〉の角食にハーブやフルーツを加えた生クリームなどを合わせ、フルーツサンドをフレンチのデザートのような一品に仕上げているのだ。
カッペリーニに白ワインビネガーが香るトマトとイチゴのソースを絡めた「福岡県産あまおうとフルーツトマトの冷製パスタ」1,800円。イチゴとトマトがジューシー!
黄色のバラの花びらを添えた「宮崎マンゴーの贅沢パフェ」5,000円(2〜3人前)。ライムでマリネしたマンゴーやココナッツミルクで煮たもち米、ココナッツのアイスなどを重ねたトロピカルな味わい。
濃厚な「みかん」1,500円、炭酸水でやや軽く仕上げた「キウイ」1,500円。どちらも愛媛・大久保農園より。
「国産レモンのしっとりベイクドチーズケーキ」1,000円。フランスの貴腐ワイン、ソーテルヌを詰めただけという贅沢なソースをかければ、気品あふれる風味に。
その他いろいろ、フルーツ・アイテムが顔を揃える。福間によるケーキなどのデザート系もあれば、イタリアン・シェフの佐藤塁によるイチゴを使ったパスタ、オーダーを受けてから絞るジュースなどが、季節ごとに素材を変えて登場する。5月から夏にかけて宮崎マンゴーのパフェなど、トロピカルフルーツのアイテムが増える予定だ。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます