ローマン&ウィリアムズが設計した最新レストラン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ローマン&ウィリアムズが設計した最新レストラン。

『カーサ ブルータス』2020年4月号より

話題の写真ミュージアム〈フォトグラフィスカ〉の2階に出現したレストラン〈ヴェロニカ〉。

シャンデリアが圧巻のダイニング。四角いアーチも特徴的だ。
1894年建造という歴史建造物の構造を巧みに生かしつつ、上質で優雅な空間をローマン&ウィリアムズが生み出した。

ダイニングの高さは実に6m強。通常の半円ではなく四角く取って、ウッドで縁取りしたアーチはローマン&ウィリアムズ独自のデザインだ。頭上では巨大な真鍮製シャンデリアが点状の光を放つ。照明作品でも広く知られるRWだけに、ライティングの妙はここでも冴える。
バーの照明使いにも注目。
右に見える扉は、イタリアの芸術家ジョルジョ・デ・キリコからのインスピレーション。
バーの照明使いにも注目。
右に見える扉は、イタリアの芸術家ジョルジョ・デ・キリコからのインスピレーション。
名店レインボウ・ルーム出身のスターシェフ、ロバート・エイキンズが生み出すのはボルシチなどの東欧伝統料理や、古典フレンチ。ワインの大半は欧州産で、デザートもテーブル脇にカートを寄せてサーブする。忘れられかけた古風な趣を、空間・料理、共に堪能させるスポットだ。
ニシンとポテトの前菜。17ドル。
ポテトピローギ、キャビア添え。18ドル。
ジョージ・ペリエ風エスカルゴ、23ドル。
ニシンとポテトの前菜。17ドル。
ポテトピローギ、キャビア添え。18ドル。
ジョージ・ペリエ風エスカルゴ、23ドル。

〈Verōnika〉

281 Park Avenue South (at 22nd St.), New York TEL (1) 646 993 6993。17時〜22時(木〜土〜23時)。無休。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます