イタリアンの鬼才による、京食材との融合。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

イタリアンの鬼才による、京食材との融合。

『カーサ ブルータス』2020年3月号より

イタリアの日本人初の星付き店〈Ristorante TOKUYOSHI〉のオーナーシェフ・徳吉洋二が監修するレストランが京都にお目見え。

丹波高原豚のロトロ 有機赤タマネギとビーツ2,200円。
魚拓 季節の魚とじゃが芋のピュレ2,200円。
有機レタスとズッキーニのサラダ すりおろし長芋とバジル1,500円。
丹波高原豚のロトロ 有機赤タマネギとビーツ2,200円。
魚拓 季節の魚とじゃが芋のピュレ2,200円。
有機レタスとズッキーニのサラダ すりおろし長芋とバジル1,500円。
ホテルが併設された複合施設〈GOOD NATURE STATION〉内にあるため、営業は朝食からバーまで。なかでも徳吉の創造性に満ちた料理を堪能できるのはディナーだ。

インパクトあるビジュアルに心奪われるスペシャリテから、京野菜や京鴨などこの地ならではの食材を手にし作り上げた新作まで、多彩な魅力を味わえる。
〈ERUTAN RESTAURANT/BAR〉内観。
徳吉洋二。
〈ERUTAN RESTAURANT/BAR〉内観。
徳吉洋二。

〈ERUTAN RESTAURANT/BAR〉

京都府京都市下京区河原町通四条下ル2丁目稲荷町318-6 1F TEL 075 352 3714。7時〜23時。定休日は施設に準ずる。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます