〈D&DEPARTMENT TOKYO〉にオープンした〈dたべる研究所〉とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈D&DEPARTMENT TOKYO〉にオープンした〈dたべる研究所〉とは?

ロングライフデザインを考える〈D&DEPARTMENT TOKYO〉が食をテーマにした “研究所” をスタートしました。

〈D&DEPARTMENT TOKYO〉1階にあったダイニングが、6月6日に〈dたべる研究所〉としてリニューアルオープンした。

研究所という名がついているが、しっかり食事ができる。47都道府県の食文化の中から、毎月ひとつのテーマに沿って料理が用意され、それらを食べながら各地の食文化について考える場所になっている。

6月の研究テーマは「味噌」。愛知の味噌かつ、大阪の土手やき、宮崎のぬたいもなど、各地の味噌郷土料理が並び、ランチタイムはビュッフェ形式になるので、地方によって異なる味噌文化を少しずつたくさん試せるのも嬉しい。
ランチビュッフェ平日2,000円、土・日・祝2,500円。コーヒーまたは紅茶つき。6月に登場する八丁味噌ダレの味噌かつ、京都の西京焼き、福島の味噌かんぷらなど。メニューは日々変動します。※小学生未満0円。小学生1,000円。
大皿に盛られた料理がずらりと並ぶ。
ランチビュッフェ平日2,000円、土・日・祝2,500円。コーヒーまたは紅茶つき。6月に登場する八丁味噌ダレの味噌かつ、京都の西京焼き、福島の味噌かんぷらなど。メニューは日々変動します。※小学生未満0円。小学生1,000円。
大皿に盛られた料理がずらりと並ぶ。
今後は、生産者、料理人、参加者が一緒に料理をつくる料理教室や勉強会も開催予定。その他にも、皮に傷がつき、一般流通に乗せにくい果物を “価値のある在庫” として買い取り、スイーツやドリンクにするなど、様々な角度から食のロングライフデザインを考えていく。D&DEPARTMENTならではの、おいしい研究所の誕生だ。
料理教室の詳細はウェブやSNSで順次公開。7月には、奈良の柿の葉すし、高知の田舎寿司など郷土寿司をつくる回を予定。

〈dたべる研究所〉

東京都世田谷区奥沢8-3-2 1階。TEL03 5752 0120。11時30分〜19時。ランチ11時30分〜15時、カフェ15時〜18時LO(フード)、〜18時30分LO(ドリンク)。水曜休。