ヴァージル・アブローの〈ルイ・ヴィトン〉がついに先行発売! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ヴァージル・アブローの〈ルイ・ヴィトン〉がついに先行発売!

ヴァージル・アブローの〈ルイ・ヴィトン〉デビュー・コレクションがついに販売スタート! 東京・原宿に登場したポップアップストアで気になるメンズアイテムが先行発売。期間は1月10日から31日まで、原宿に急げ!

レインボーマン「OMARI」。上下合わせると全長8mもある。
レインボーに彩られた巨大なオブジェ、レインボーマン「OMARI」の下半身部分。
ヒップ部分には〈ルイ・ヴィトン〉のロゴが。スニーカーの底にも、〈ルイ・ヴィトン〉のロゴが隠されている。
レインボーマン「OMARI」。上下合わせると全長8mもある。
レインボーに彩られた巨大なオブジェ、レインボーマン「OMARI」の下半身部分。
ヒップ部分には〈ルイ・ヴィトン〉のロゴが。スニーカーの底にも、〈ルイ・ヴィトン〉のロゴが隠されている。
2018年6月、〈ルイ・ヴィトン〉の2019年春夏メンズコレクションのショーでパリの〈パレ・ロワイヤル〉の中庭が、虹色のグラデーションで彩られた。ファッション界注目のヴァージル・アブローがアーティスティックディレクターに就任して初となるショーは、世界で大きな話題を呼んだ。そんな記念すべきデビューコレクションが、ついに先行販売を開始。場所は〈明治神宮〉と丹下健三が手がけた〈国立代々木競技場〉の目の前に位置する、ガラス張りのポップアップストアだ。ニューヨークと東京での2都市限定のストアとなる。
『オズの魔法使い』の本から飛び出してきたドロシーやブリキの木こり、ライオンと撮影できるフォトブース。
被写体がカレイドスコープの中に映り込むデジタルアート。外から入る光によって色味が変化する。少し左寄りに立つのがポイントだ。
店内の至るところに、さまざまなカラーの「OMARI」を含めたトルソーが。
バリエーション豊かなトルソーを見て回るのも楽しいポイント。
『オズの魔法使い』の本から飛び出してきたドロシーやブリキの木こり、ライオンと撮影できるフォトブース。
被写体がカレイドスコープの中に映り込むデジタルアート。外から入る光によって色味が変化する。少し左寄りに立つのがポイントだ。
店内の至るところに、さまざまなカラーの「OMARI」を含めたトルソーが。
バリエーション豊かなトルソーを見て回るのも楽しいポイント。
エントランスに一歩足を踏み入れると、レインボーカラーの巨大なオブジェがお出迎え。 2フロアを突き抜けるように登場したのは、「OMARI」と名付けられた高さ8mの巨大なレインボーマン。店内はミュージカル映画『オズの魔法使い』と光のプリズムに着想を得た、幻想的な空間が広がる。ガラス張りのファサードから入る自然光によって、フロアや柱などに散りばめられたモノグラムモチーフが七色に輝き、同コレクションの世界観に包まれる。

さらに『オズの魔法使い』のキャラクターのシルエットをかたどったフォトブースや、万華鏡のようなオリジナル映像に自分を写し込むことができるデジタルアート、「オマリ」と本の中で撮影できるフォト・ムービースポットが設置され、ブランドの遊び心が詰まったインスタレーションを楽しむことができる。
限定アイテムの『オズの魔法使い』を大胆にプリントしたTシャツ。102,000円。
ショーでも印象的だったグローブ。右側のオレンジカラーは、同店限定。各38,000円。
オズの魔法使いのいる町へ向かう黄色のレンガ道をイメージした、広々とした店内。
SNSでも話題を集めている《キーポル》。
トランクの留め具を連想させるユニークなサングラス。上から69,000円、8,9000円、69,000円。
限定アイテムの『オズの魔法使い』を大胆にプリントしたTシャツ。102,000円。
ショーでも印象的だったグローブ。右側のオレンジカラーは、同店限定。各38,000円。
オズの魔法使いのいる町へ向かう黄色のレンガ道をイメージした、広々とした店内。
SNSでも話題を集めている《キーポル》。
トランクの留め具を連想させるユニークなサングラス。上から69,000円、8,9000円、69,000円。
奥に進むと、主役となる新作コレクションがお目見え。販売スペースには「オズの魔法使い」の名シーンにインスパイアされた、黄色いレンガの道が登場。ウェアはもちろん、バッグや時計、アクセサリー、レザーグッズなど、充実した品揃えが揃う。中でもショーでもキーとなっていたグローブの限定カラーやドロシーたちのシルエットをプリントしたTシャツ、パーカーなどの限定アイテムは、注目度が高い。
実際に本の中に入って「OMARI」と撮影できるフォト・ムービースポット。スローモードで動画を撮ると、ホログラムの折り紙がより一層キラキラ輝く。
レインボーカラーのモノグラム・モチーフの先には、丹下健三が手がけた〈国立代々木競技場〉が。
モノグラム・モチーフが、光の反射により色の見え方が変化するホログラムとなって、フロアを彩る。
レインボーカラーのモノグラム・モチーフの先には、丹下健三が手がけた〈国立代々木競技場〉が。
モノグラム・モチーフが、光の反射により色の見え方が変化するホログラムとなって、フロアを彩る。
モードとストリートカルチャーがリンクした、現在のファッションシーンを牽引するヴァージル・アブロー。ファッション界のヒットメーカーが作り出す、〈ルイ・ヴィトン〉の世界をいち早くチェックしたい。

〈Louis Vuitton Men’s SS19 Pop-Up Store〉

東京都渋谷区神宮前6-35-6。TEL 03 6427 3259。1月10〜31日、11時〜19時。※入場規制あり。詳細は公式サイトにて。