「TIME CAPSULE」展 で〈ルイ・ヴィトン〉の歴史を辿る。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

「TIME CAPSULE」展 で〈ルイ・ヴィトン〉の歴史を辿る。

7月14日から〈阪急うめだ本店〉9階で〈ルイ・ヴィトン〉の軌跡をたどる「TIME CAPSULE」展が開催される。これまで目に触れることのなかったアーカイヴやオブジェが展示される。

トランクを意味するフランス語の「マル」にちなんだ「マジック・マル」と名付けられた部屋。〈ルイ・ヴィトン〉が初めて製作したトランクなど、ブランドの歴史を視覚的に紹介する。
〈ルイ・ヴィトン〉が日本で初のストアを誕生させてから今年で40年。節目となる今年、〈阪急うめだ本店〉9階で「TIME CAPSULE」展がスタートする。会期は7月14日から8月1日まで。創業時から現在までを、アーカイヴから厳選したプロダクトやオブジェと共に振り返る展覧会だ。
創業者ルイ・ヴィトン と、その息子であり、2代目ジョル・ジュ ヴィトン、3代目ガストン-ルイ・ヴィトンと職人たち。
会場は「The key to the codes-メゾンの象徴」、「Journeys around the World-世界を巡る旅」、「Elegance in Motion-旅するエレガンス」、「Icons of the House-メゾンの多彩なアイコン」といった4つのテーマで仕切られ、歴史的な出来事を時系列に紹介していく。
蒸気船で大西洋横断する旅の普及により、トランクの中に畳んで収納ができ、着用済みの衣類を収納しておくことができる《スティーマー・バッグ》や、船室のベッドの下に滑り込ませることができる高さの《キャビン・トランク》が考案された。
探検家のために、未開発の土地でも横になれる、折りたたみの〈ベッド・トランク〉など顧客のニーズに応え、世界を巡る旅においてあらゆる条件に耐えるラゲージを開発してきた。
旅先でもキャビアを楽しめる〈キャビア・ケース〉。
メゾンを代表するバッグ。
芸術家、草間彌生とコラボレーションしたバッグ。
蒸気船で大西洋横断する旅の普及により、トランクの中に畳んで収納ができ、着用済みの衣類を収納しておくことができる《スティーマー・バッグ》や、船室のベッドの下に滑り込ませることができる高さの《キャビン・トランク》が考案された。
探検家のために、未開発の土地でも横になれる、折りたたみの〈ベッド・トランク〉など顧客のニーズに応え、世界を巡る旅においてあらゆる条件に耐えるラゲージを開発してきた。
旅先でもキャビアを楽しめる〈キャビア・ケース〉。
メゾンを代表するバッグ。
芸術家、草間彌生とコラボレーションしたバッグ。
本展では、美術家の村上隆やコム デ ギャルソンの川久保玲、芸術家の草間彌生など、コラボレーションして来た日本のアーティストとのアーカイブも楽しめる。またフランスから職人が来日し、メゾンの伝統的な技術を間近で見ることができる。

革新的なデザインと卓越したクラフツマンシップが生むプロダクトで、160年以上にわたり世界中の人々を魅了する〈ルイ・ヴィトン〉の歴史に触れるチャンスだ。
「TIME CAPSULE」展

「TIME CAPSULE」展

〈ルイ・ヴィトン〉大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー、アートステージ (ブックストア) TEL0120 00 1854(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)7月14日〜8月1日。10時〜20時(金曜、土曜〜21時)。