アレッサンドロ・ミケーレの世界観に没入する展覧会。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS
1/2
フィレンツェ〈グッチ ガーデン〉での展示風景。東京の夜の世界をスパンコールで表現した展示室。
2/2
入口に登場するコントロールルーム。
フィレンツェの〈グッチ ガーデン〉で開催中の没入型エキシビション『グッチ ガーデン アーキタイプ』が、東京・天王洲にやってくる。

ブランド創設100周年を記念するイベントの一環である本展は、クリエイティブ・ディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレが2015年の就任以来、手がけてきたキャンペーンイメージを用いて表現するものだ。エキシビション名となっている「アーキタイプ」は、イメージの源となる存在=元型を意味するが、アレッサンドロのビジョンや美学、そして哲学を映し出すキャンペーンイメージはグッチの世界観のアーキタイプである。

会場デザインはイタリアのデザインスタジオ、アルキヴィオ・ペルソナーレ。各展示室の映像がマルチスクリーンに映し出された入口に始まり、1968年のパリ「五月革命」(2018年 プレフォールコレクション)の雰囲気を伝えるグラフィティ、眠らない街・東京の夜(2016年 秋冬コレクション)を表現するスパンコールの壁面など、アレッサンドロの脳内に入り込むような、臨場感溢れる空間が出現する。

『GUCCI GARDEN ARCHETYPES』

〈B&C HALL/E HALL〉
東京都品川区東品川2-1-3 TEL 0120 99 2177(受付10時〜21時)。9月23日〜10月31日(日時要確認)。11時〜20時(金・土・祝前日〜21時)。無料。事前予約制(グッチ公式LINEアカウントにて9月13日より受付開始)。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!