NYブランドとコラボで復刻のニューバランス《550》とT-HOUSE New Balance。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

NYブランドとコラボで復刻のニューバランス《550》とT-HOUSE New Balance。

1980年代後半のニューヨークの、バスケットボール・カルチャーにインスパイアされた〈ニューバランス〉の新作フットウェア《エメ レオン ドレ×ニューバランス 550 バスケットボール・オックスフォード》が発売されました。今回のコラボレーターはNYブランド〈エメ レオン ドレ〉。その世界観を楽しめる演出が、10月27日まで〈T-HOUSE New Balance〉で開催中です。

1989年発売されたバスケットボールシューズPRIDE 550が復刻。

シューズ《エメ レオン ドレ×ニューバランス 550 バスケットボール・オックスフォード》(OFF WHITE×RED×BLACKのコンビネーション)。(ニューバランス ジャパンお客様相談室 TEL0120 85 0997)
太めで小ぶりなNマーク、生成色のミッドソールなどが往時を思わせる。バリアブルレーシングで甲のフィット感が調整でき、足の血行障害を防止する。またサドルパネルで横ブレを防ぎ、フィット感を向上。
インソールには軽量で屈曲性に富む立体成型型EVAカップインソールを採用し、理想的なフィッティングと適度なクッション性を実現。表面に吸収性や耐摩耗性に優れた素材を使用し、高い放熱効果・発汗効果で足裏のダメージを軽減する。また、踵まわりの芯材であるヒールカウンターを二重にし、踵部の安定性をより高めた。
リッドラバー素材のアウトソールには安定性、グリップ性に優れたコントラバランスデザインを採用し、激しい動きを的確に支える。
1989年のアメリカにおけるバスケットボール・シーン。それはマイケル・ジョーダンら、当時の新世代選手が本格的に台頭しはじめた時期だ。その年に発表されたニューバランスのバスケットボール競技用シューズが、ハイカット〈PRIDE 650〉、ミドルカット〈PRIDE 645〉、そしてローカット〈PRIDE 550〉である。

衝撃吸収性とクッション性を特徴とする〈PRIDE 550〉を《エメ レオン ドレ×ニューバランス 550 バスケットボール・オックスフォード》として復刻したのは、2014年にニューヨーク・クイーンズで設立されたブランド〈エメ レオン ドレ〉。彼らは2017年にバスケットボール・コミュニティ〈SONNY NEW YORK〉をニューヨークで立ち上げ、現在まで運営、スポンサードしている。〈エメ レオン ドレ〉の設立者でクリエイティブ・ディレクターであるテディ・サンティスは今回、当時のバスケットボール・カルチャーに尊敬をこめつつ、彼らしい視点を通して絶妙なアップデートを行ったという。カラーリングは発売当時、アメリカを中心に展開された〈PRIDE 650〉のオリジナルカラーをオマージュした4色を展開し、日本ではOFF WHITE / RED / BLACKコンビネーションの1カラーのみをリリースする。どこか懐かしくもタイムレスな機能性をもつ新たなシューズの登場に目が離せない。

テディ・サンティスが手がけた映像と〈T-HOUSE New Balance〉での空間演出。

テディ・サンティスがディレクションした映像が流れる〈T-HOUSE New Balance〉。
《エメ レオン ドレ×ニューバランス 550 バスケットボール・オックスフォード》(ニューバランス ジャパンお客様相談室 TEL0120 85 0997)。
《エメ レオン ドレ×ニューバランス 550 バスケットボール・オックスフォード》の発表に合わせ、〈T-HOUSE New Balance〉はその世界観をテーマにした空間演出を行う。また会期中はテディ・サンティスが今回のインスタレーションのためにセレクトしたスペシャルなプレイリスト”ALD / NB – T-HOUSE”、そして彼がディレクションした映像が〈T-HOUSE New Balance〉に流れる。耳に目に、1989年と2020年が交差する世界観を感じたい。

〈T-HOUSE New Balance〉

東京都中央区日本橋浜町3-9-2。TEL03 6231 1991。《エメ レオン ドレ×ニューバランス 550 バスケットボール・オックスフォード》の空間演出は、10月16日〜27日。最新の商品情報や展示企画などは随時〈T-HOUSE New Balance〉のインスタグラム(@newbalance_t_house)にて配信されます。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます