次代を感じる履物店&ギャラリーが京都にオープン! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

次代を感じる履物店&ギャラリーが京都にオープン!

老舗履物店で修業をした職人が、木材倉庫を改装し、自らの店をオープン。現代の服に合う新世代の草履や京都の粋をつぎ込んだ空間など、京都に行ったらぜひ見ておきたい新ショップだ。

木材倉庫を改装。手前が〈岩倉 AA〉、ガラスで仕切られた奥が〈履物 関づか〉。
明治の創業以来、祇園町で誂えの草履を作り続ける老舗で修業を重ね、番頭として活躍してきた職人・関塚真司が開いたのは、端正な履物を扱う〈履物 関づか〉と、履国内外から選び抜いた洋服や服飾雑貨が揃う〈岩倉 AA〉。自然豊かな郊外に突如現れるシックなスペースは、わざわざ足を伸ばす価値ある空間だ。

靴ブランドでのキャリアを経て、みずからの手で履物を作り上げる伝統工芸の世界へと飛び込んだ関塚。修業先として選んだのは、着物を着る人にとって憧れの存在でありながら、草履をベースにしたサンダルを作り上げヒットさせるなど幅広い世代から注目を集める老舗。そこで職人として十数年を過ごす中で、履物を仕立てる技を養い、感性にも磨きを掛けてきた。満を持して今年4月、オープンさせたのが〈履物 関づか〉/〈岩倉 AA〉となる。
〈履物 関づか〉の空間を彩るのは〈かみ添〉の唐紙。大きな円が浮かび上がる。
古書の世界からイメージを膨らませ、色合わせをした草履を共に展示する一角。
基本は誂えのため、置かれている草履はすべてサンプル。6万〜9万円ほど。
倉庫だった空間は半分に分けられ、奥が〈履物 関づか〉となる。畳の上に並べられた道具を見て、ここが作業場を兼ねていると気付かされる端正さ。そもそも草履は土台や鼻緒づくりなど、すべて分業の職人技で構成されている。関塚が手がけるのは、客の注文や好みを受けて草履の色や大きさ、組み合わせまでを提案するプロデューサー的な役割と、鼻緒を挿げて仕上げる作業だ。着物に詳しくなくとも美しさに見惚れる草履は、土台からすっと伸びる鼻緒の脇に隙間がない。極めて小さな穴を開けて通すことで、すっと足を包み込み、履きやすい草履に仕立てるのが信条だと関塚はいう。畳に座って店主とのやり取りを重ねるスタイルも、誂えた草履の完成を待つ楽しみも、驚くほど伝統的な京都の商売がここに息づいている。
高い天井から注ぐ光が心地よい〈岩倉 AA〉。物語を持つアイテムが揃う。
ファッションにも関心が高い関塚が、履物店と同時に作りたかったというショップには、みずから手がけたアイテムや、別注の品、セレクトが並ぶ。日本の究極のカットソーブランド〈フィルメランジェ〉でカットソーを裁断する際に生まれてしまう落ち布を使ったルームシューズは〈履物 関づか〉とのコラボレーション。愛用する〈フィルメランジェ〉のカットソー、〈デザーティック〉に別注したヴィンテージニットのバッグ、ルームシューズにもなる皮製の足袋〈tanhi〉など、ひとつひとつがストーリーを持つアイテムは、草履と同じく長く手元に置きたくなるものばかりだ。
「靴ではない日本の履物」をテーマにした、〈履物 関づか〉オリジナルの履物《bridge》。土台には男性用の草履に使われる台を使用し、2本のベルトで固定して履く。サイズは1〜4、84,000円。注文はすべてオンラインでも可能。
〈フェルメランジェ〉の落ち布を使った布草履。サイズは0〜3、各10,000円〜15,000円。
まるで足を誘うように仕立てられた草履。土台にも鼻緒にもシープレザーを使用。66,000円。
手仕事で仕上げる〈履物 関づか〉の草履。会津桐の台にシープレザーの鼻緒を組み合わせた。48,000円。
革製の足袋《tanhi》はルームシューズとして使うことも可能。サイズは22〜28、18,000円。

〈履物 関づか〉/〈岩倉 AA〉

京都府京都市左京区岩倉花園町642-19。TELなし。13時〜18時。水曜休。叡山電鉄鞍馬線岩倉駅下車徒歩20分、京都バス花園町下車徒歩10分。駐車スペース2台あり。Instagram@hakimono_sekizuka、@aa_sekizuka

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます