マーク・ニューソンが手がける〈ルイ・ヴィトン〉の新作ラゲージが登場。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

マーク・ニューソンが手がける〈ルイ・ヴィトン〉の新作ラゲージが登場。

ビッグネーム同士がタッグを組んだ、ローリング・ラゲージの第2弾《ホライゾン・ソフト》が発売となった。

ホライゾン・ソフト 2R55(29万1,000円)
ホライゾン・ソフト 2R55(29万1,000円)
〈ルイ・ヴィトン〉から、インダストリアル・デザイナー、マーク・ニューソンがデザインした、革新的なローリング・ラゲージ《ホライゾン・ソフト》がデビューした。

〈ルイ・ヴィトン〉とマーク・ニューソンによるローリング・ラゲージが登場するのは、2016年の《ホライゾン》以来、2度目。《ホライゾン》はハードラゲージだが、今回の《ホライゾン・ソフト》は、その名の通り、ソフトラゲージとなっている。

「デザイン上の制約が多いハードラゲージを手がけた後、私たちはソフトラゲージという第2ステージへと乗り出しました」(ニューソン)

思わず手を伸ばして、感触を確かめたくなるようなアウターシェルは、〈ルイ・ヴィトン〉のシグネチャーである《モノグラム》をニューソンが解釈し、これを両面にあしらったジャカードのニットで作られている。ニット地には、伸縮性そして熱可塑性のあるカスタムメイドのテクニカルな糸を使用。〈ルイ・ヴィトン〉のニーズに合わせて、特別に開発したシームレスなニッティングの技術を採用した。

ラゲージにおいて、軽さと収納力は重要だ。ニューソンは、新たなテクノロジーと開発プロセスを通して行われた度重なるテストにより、強度と耐久性を備えたバッグを実現。機内持ち込み可能なバッグの重量はわずか2.9キログラムとなっている。また、《ホライゾン》同様、伸縮式ハンドルをラゲージの内側から外に移動させることで、構造と強度をより向上させた。

ニューソンは、一つひとつのコンポーネントをカスタムデザインし、「既成」のパーツは使用していない。3桁の組み合わせのファスナー式ロックシステムは、 米国運輸保安局の認定を受けており、片手で操作できるようになっている。ロックには、シルバー、シャンパーニュ、ダークグレーの仕上げを施した。さらに、小さな2つのキャスターは、走行音を極力抑えるよう作られている。

ニューソンは《ホライゾン・ソフト》について、こうコメントしている。

「私はよく各地を飛び回り、そして知り合いの多くの人々と同様に、留まることなく旅をし続けているので、ラゲージに求められるものについてよく理解しているし、他の人も同じことを望んでいると思っています。旅は、歴史的にも機能的にも、本質的にラグジュアリーと結び付いています。この2つは本当に切り離すことができません。このプロセスにおいて、経験が重要な役割を果たしました」

ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL 0120 00 1854