いくつ食べたことがある? 切手になった、都内の名菓子20選。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

いくつ食べたことがある? 切手になった、都内の名菓子20選。

2月1日より日本郵便から発行される、グリーティング切手「スウィーツ」。都内の20の名店のスウィーツが、かわいいイラストになりました。

手土産をイメージしたデザインの62円郵便切手。1シート620円。
カフェのテーブルをイメージしたデザインの82円郵便切手。1シート820円。
折々の挨拶に適した季節のデザインや、友人に気軽に送りたくなるようなキャラクターものなど、場面に応じた特別なデザインの切手を期間限定で発行している、日本郵便のグリーティング切手。過去にはムーミンやスヌーピー、ハローキティなどの切手も誕生してきた。

2月1日に発行になる「スウィーツ」は、都内のスウィーツの名店20店とコラボ。〈代官山 小川軒〉の《レイズン・ウィッチ》や〈茂助だんご〉の《お団子》、〈資生堂パーラー〉の《ストロベリーパフェ》や〈銀座 若松〉の《元祖あんみつ》など…。お菓子好きなら誰もが憧れる、和洋の名菓子の数々がセレクトされている。

助言・監修を行ったのは、雑誌『BRUTUS』編集部。日本郵便の切手の監修を雑誌が行ったのは、これまでで初のことだ。

・62円郵便切手

〈ヨックモック〉の《シガール》。
〈代官山 小川軒〉の《レイズン・ウィッチ》。
〈茂助だんご〉の《お団子》。
〈黒松本舗 草月〉の《黒松》。
〈パティスリー1904〉の《しまなみレモンケーキ》。
〈松島屋〉の《豆大福》。
〈オーボンヴュータン〉の《カヌレ》。
〈近江屋洋菓子店〉の《苺サンドショート》。
〈マッターホーン〉の《バウムクーヘン》。
〈銀座千疋屋〉の《フルーツサンド》
〈ヨックモック〉の《シガール》。
〈代官山 小川軒〉の《レイズン・ウィッチ》。
〈茂助だんご〉の《お団子》。
〈黒松本舗 草月〉の《黒松》。
〈パティスリー1904〉の《しまなみレモンケーキ》。
〈松島屋〉の《豆大福》。
〈オーボンヴュータン〉の《カヌレ》。
〈近江屋洋菓子店〉の《苺サンドショート》。
〈マッターホーン〉の《バウムクーヘン》。
〈銀座千疋屋〉の《フルーツサンド》

・82円郵便切手

〈とらやカフェ・あんスタンド 新宿店〉の《あんトースト》。
〈資生堂パーラー〉の《ストロベリーパフェ》。
〈銀座 若松〉の《元祖あんみつ》。
〈カフェ 香咲〉の《ホットケーキ》。
〈山の上ホテル パーラーヒルトップ〉の《水出しコーヒーゼリー》。
〈キル フェ ボン〉の《季節のフルーツタルト》。
〈東京會舘〉の《マロンシャンテリー》。
〈銀座ウエスト〉の《プリン》。
〈高木屋老舗〉の《草だんご》。
〈西洋菓子しろたえ〉の《レアチーズケーキ》。
〈とらやカフェ・あんスタンド 新宿店〉の《あんトースト》。
〈資生堂パーラー〉の《ストロベリーパフェ》。
〈銀座 若松〉の《元祖あんみつ》。
〈カフェ 香咲〉の《ホットケーキ》。
〈山の上ホテル パーラーヒルトップ〉の《水出しコーヒーゼリー》。
〈キル フェ ボン〉の《季節のフルーツタルト》。
〈東京會舘〉の《マロンシャンテリー》。
〈銀座ウエスト〉の《プリン》。
〈高木屋老舗〉の《草だんご》。
〈西洋菓子しろたえ〉の《レアチーズケーキ》。
メールやメッセージアプリばかりで、手紙を書く機会は少なくなりがち。手書きで便箋にメッセージを綴り、封を閉じ、切手を貼って投函する。その楽しさを思い出させてくれるデザイン切手だ。

グリーティング切手「スウィーツ」

2月1日より発行。 62円郵便切手(シール式)1シート620円、82円郵便切手(シール式)1シート820円。62円郵便切手は100万シート、82円郵便切手200万シート発行する。全国の郵便局、郵便局のネットショップ、銀座郵便局での郵便振替による通信販売で購入可能。総合演出は切手プランナーの小泉 佑介。イラストを手がけたのは切手デザイナーの山田泰子。