バカラで彩るインテリア術|第1回 ダイニング | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

バカラで彩るインテリア術|第1回 ダイニング

深く美しい透明感を備えたクオリティーの高いクリスタルの代名詞として、長い歴史を刻んできた〈バカラ〉。その上質さに触れる機会は、もっと日常であっていい。〈バカラ〉のある暮らしのヒントを紹介するシリーズ、第1回はダイニング編です。

クリスタルには、暮らしをきらめかせる力がある。フランスで1764年に創業した〈バカラ〉のアイテムは、その最高峰だろう。品質や美しさが卓越しているのはもちろん、日常的なシーンに取り入れやすいものが数多く揃っている。たとえば家族や友人と過ごすダイニングテーブルで、いつもの食器にクリスタルを組み合わせても楽しい。好みの音楽やアートがそうであるように、〈バカラ〉のクリスタルは空間の心地よさを自然に高めてくれる。
シャンデリア《テュイル・ドゥ・クリスタル》は、〈バカラ〉の感覚の新しさを象徴するようなデザイン。無垢材やグリーンを多用した空間にも合っている。
《テュイル・ドゥ・クリスタル シャンデリア フローズン S》1,800,000円、テーブルランプ《ボンジュール ヴェルサイユ ランプ》S 120,000円、L280,000円。
《テュイル・ドゥ・クリスタル シャンデリア フローズン S》1,800,000円。
ラスティックな雰囲気を基調にしたインテリアは、椅子やスツールにモダンさのあるものをセレクトし、ホワイトを差し色に。ナチュラルな色合いのアイテムと、クリスタルの輝きがそれぞれを引き立て合う。現代を代表するデザイナーのひとり、アリック・レヴィによるシャンデリア《テュイル・ドゥ・クリスタル》は、装飾的なシャンデリアとはまったく違うアプローチが新鮮。洗練された光を放つオブジェとして、空間をアーティスティックに見せてくれる。
アンティークのダイニングテーブル250,000円、右の〈ガルファニタス〉のアームチェア52,000円(DEMODE MIX︎︎ TEL 03 5759 0507)、手前の〈ヴィトラ〉のスツール《ホッカー》161,000円(ヴィトラ︎︎ TEL 03 5775 7710)、左のヴィンテージの〈ガルファニタス〉のチェア25,740円(COLOR AND FORMTEL075 202 9851 )、奥の〈トリックス〉のチェア52,000円(ロイヤルファニチャーコレクション︎︎ TEL 03 3593 3801)、スピーカー参考価格600,000円(コンプレックス TEL 03 3760 0111)、〈ギブソン〉のギター《LG-2 American Eagle》234,000円(ギブソン)、テーブル上に置いたケトル<FELLOW〉のケトル13,000円(リビング・モティーフ︎︎ TEL 03 3587 2784)。

カッティングの美しい《ディアマン ボウル》にはたっぷりのフルーツを。プレートは定式にこだわらず、アンダープレートと組み合わせたり自由にコーディネートしたい。ポイントは色の調和を意識すること。
テーブル上の《ディアマン ボウル 350》400,000円、《アルクール ピッチャー》参考商品、《ミルニュイ プレート》L50,000円、M各27,000円、S24,000円、《タリランド タンブラー》22,700円、《ミズーリ マスタードポット》35,000円。
《ディアマン ボウル 350》400,000円。
《ミルニュイ プレート》L 50,000円、M 27,000円。
《ディアマン ボウル 350》400,000円。
《ミルニュイ プレート》L 50,000円、M 27,000円。
磨き上げられたクリスタルが似合うのは、クラシックなテーブルウェアや白いテーブルクロスだけとは限らない。テクスチャーが素朴な陶磁器も、無垢材を使ったテーブルも、クリスタルの透明感にフィットする。ブラウン、グレー、ベージュなどのアースカラーを中心にテーブルトップを統一しておくと組み合わせやすい。フルーツの色をグリーンでまとめることで、よりスタイリッシュな景色が生まれる。
クロボドラム28,000円、ジャンベ小7,500円(アフリカンスクエアー TEL 049 241 9186)、テーブル上の〈ハンブル セラミクス〉のマグカップ各9,500円、ドリッパー9,500円、フラットプレート5,900円、上に置いたキャニスター各6,500円〜、クリーマー4,000円〜、ボウル8,700円、プレート大13,100円(コンプレックス︎︎ TEL 03 3760 0111)、左のボウルに入れたクロス1,000円、スプーン各2,000円、コーヒーミル14,000円、シリアルを入れたジャー800円、カッティングボード8,800円、陶器のピッチャー6,000円、フォーク各2,000円、ナイフ各2,000円、リネンキッチンタオル各1,800円、ボウルに置いたハニードリッパー2,800円、コーヒースコープ3,800円、〈TENDER Co.〉のマグカップ12,000円(ザ テイストメイカーズ & コー︎︎ TEL 03 5466 6656)、ライオンのアートフォト360,000円(デュマイロ︎︎ TEL 03 5772 2627)。

重厚そうなシャンパンフルートやワイングラスは、厚手の陶磁器のテーブルウェアにもふさわしい。個々のグラスの美しいカッティングは、古びたキャビネットの中にあっても優雅さが際立っている。
上段左から、《ミルニュイ ワイングラス》18,500円、《ベガ ワイングラス》15,500円、《アルクール シャンパンフルート》2客セット66,000円、《アルクール スモールボウル》各13,000円、《アルクール スモールトレイ》各10,500円、《ミルニュイ プレート》M各27,000円、S各24,000円。
《ミルニュイ ワイングラス》18,500円。
《ベガ ワイングラス》15,500円。
《アルクール シャンパンフルート》2客セット66,000円。
《ミルニュイ ワイングラス》18,500円。
《ベガ ワイングラス》15,500円。
《アルクール シャンパンフルート》2客セット66,000円。
朽ちたようなスチールの質感が目を引くヴィンテージのキャビネットの中で、バリエーション豊かなシャンパンフルートやワイングラスの存在感がひときわ映える。長い歴史に裏づけられた〈バカラ〉のデザインは、時代を経たアイテムとも独特の相性のよさがあるようだ。こうしたコーディネートでは、薄手のグラスよりも、クリスタルに十分なボリューム感のあるタイプのほうがバランスがいい。一緒に収めるテーブルウェアも落ち着いた色合いのものを。
2段目中央〈ハンブル セラミクス〉のキャニスター12,400円(コンプレックス︎︎ TEL 03 3760 0111)、クロス類を入れたオリーブ木のフルーツかご15,000円(アフリカンスクエアー TEL 049 241 9186)、右下のウッドボウル5,500円(リビング・モティーフ︎︎ TEL 03 3587 2784)。