没後40年 濱田庄司展–山本爲三郎コレクションより | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

没後40年 濱田庄司展–山本爲三郎コレクションより

『カーサ ブルータス』2018年1月号より

アサヒビール初代社長・山本爲三郎が寄贈したコレクションを中心に、陶芸家・濱田庄司の初期から晩年までの作品約100点を紹介し、その陶歴をたどる展覧会。

濱田庄司《スリップウェア格子文皿》1929年頃アサヒビール大山崎山荘美術館蔵 
初期の作例や益子へ移住してから手がけた作品、山本家の暮らしを彩った器などを展示する。

〈アサヒビール大山崎山荘美術館〉

京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
TEL 075 957 3123。〜2018年4月8日。10時〜17時(最終入館16時30分)。月曜休、12月25日〜1月3日休。入館料900円。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます