ショルテン&バーイングスの美しい色彩パターンが生まれる理由とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ショルテン&バーイングスの美しい色彩パターンが生まれる理由とは?

アメリカのテキスタイルブランド、マハラムと3年にわたり新作の開発を続けてきたオランダの気鋭、ショルテン&バーイングス。彼らがデザインしたハーマンミラーのソファシリーズやマハラムから新作ホームアクセサリーを発表。

Chromatography:The Colour World of Scholten & Baijings @ハーマンミラーストア

発表にあたり、彼らがいかなる手法で色の開発を行ってきたのかを、段階を追って詳細に解説していく。会場には新作の〈カラーフォームソファ〉のほか、磁器やバッグなども展示されている。

Scholten & Baijings

ステファン・ショルテンとキャロル・バーイングスの2人によるオランダのデザインユニット。2000年に自身のスタジオを設立する。

『Chromatography:The Colour World of Scholten & Baijings』

〈ハーマンミラーストア〉

千代田区丸の内2-1-1
TEL 03 3201 1840。11時30分〜20時。無休。10月27日〜11月10日。