モルテーニの旗艦店、大阪・心斎橋にオープン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube

モルテーニの旗艦店、大阪・心斎橋にオープン。

大阪・心斎橋にモルテーニの国内2店舗目となる旗艦店が登場。ミラノの住宅のペントハウスを連想させるような、心斎橋・御堂筋を見下ろすフロアには、最新のキッチンを中心とした理想の居住空間が広がっています。

開口部のテラスに向かって、モルテーニグループのキッチンブランド〈DADA〉のキッチンが設置されている。 photo_Yasunori Shimomura
ダイニング、リビング、テラスへとシームレスに広がる〈モルテーニ大阪〉店内。 photo_Yasunori Shimomura
ゆったりとくつろげるソファが並ぶ奥には、中庭(パティオ)が。効果的なグリーンが心地よさを演出する。 photo_Yasunori Shimomura
開口部のテラスに向かって、モルテーニグループのキッチンブランド〈DADA〉のキッチンが設置されている。 photo_Yasunori Shimomura
ダイニング、リビング、テラスへとシームレスに広がる〈モルテーニ大阪〉店内。 photo_Yasunori Shimomura
ゆったりとくつろげるソファが並ぶ奥には、中庭(パティオ)が。効果的なグリーンが心地よさを演出する。 photo_Yasunori Shimomura
イタリアを代表する家具ブランド、モルテーニ。大阪・心斎橋に誕生した新たな旗艦店は、320㎡のワンフロアの中でさまざまな暮らしのシーンを具体的にイメージできるよう、エントランスからキッチン、ベッドルーム、リビング、パティオ(中庭)にいたるまで、美しい暮らしの提案を見て回ることができる。
現在、モルテーニのクリエイティブ・ディレクターを務めるのは、ベルギー出身の建築家、ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンだ。〈モルテーニ大阪〉も〈モルテーニ東京〉と同様に、彼の率いるモルテーニのチームによって設計された。
ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン。この春、ヴィンセントによる設計でリニューアルオープンしたミラノ最大のモルテーニとDADAのショールームにて。  photo_Sohei Oya (Nacása & Partners)
モルテーニ創業家3代目のマーケティング&コミュニケーションディレクターを務めるジュリア・モルテーニは、ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンの魅力について、次のように話す。

「彼はもともと建築家だということもあり、家具だけを取り上げて考えるのではなく、空間全体をつねに考えています。彼が選ぶ色はとても自然な色でニュートラル。土の色や植物に近い色など、素材感を感じさせながら、いろいろなシーンで使えるように考えて選び抜かれています」