壁面から音楽が溢れ出す、ワイヤレススピーカーシステム。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

壁面から音楽が溢れ出す、ワイヤレススピーカーシステム。

バング&オルフセンの〈BeoSound Shape〉はデザイン性と音響効果、さらに電源が入っていない状態でも室内の音響を向上させる、ワイヤレススピーカーシステムだ。

空間にあわせて自由に組み合わせることができる。
スピーカーやアンプの形態が変化し、自由なサウンドシステムが可能になった現在、インテリアにもなる壁掛けのスピーカーシステムが登場してきた。そんな中でも、バング&オルフセンの〈BeoSound Shape〉はデザイン性と音響効果を重視したシステムだ。
六角形のタイルをモジュールに6枚から無限数までレイアウトできる。背面に接続ハブを設置し、AirPlayやChromecast、Bluetoothなどのストリーミング機能でワイヤレスに対応。
ベースとなる六角形の音響抑制タイルはさまざまなサイズやパターンでカスタマイズできる。カラーやテキスタイルも幅広いコレクションからセレクト可能。さらにデンマークのテキスタイルメーカー、クヴァドラ社とコラボレーションし、バング&オルフセンだけのウール素材やカラーオプションで、好みの組み合わせが作り出せる。
クヴァドラ社のテキスタイルを使った、《Pink by Kvadrat》《Brown by Kvadrat》《Moss Green by Kvadrat》といった限定素材、カラーも用意。
《Moss Green by Kvadrat》。
クヴァドラ社のテキスタイルを使った、《Pink by Kvadrat》《Brown by Kvadrat》《Moss Green by Kvadrat》といった限定素材、カラーも用意。
《Moss Green by Kvadrat》。
六角形のタイルは音拡散、反響吸収機能により、室内の音響効果に関するトラブルを解決してくれるという。それがサウンドの壁が聞く人を包み込むような聴覚環境を作り出すという。〈BeoSound Shape〉は、音楽はもちろん、壁の色や家具、インテリア自体をもっと自在に、カラフルに楽しむことを教えてくれる。
新色《Prisian Night Blue》のテキスタイルを使用したシステム例。2017年8月頃発売予定。8タイル 4,000ユーロ(日本円未定)。サイズ、音響性能、ファブリックにより異なる。

〈バング&オルフセン ジャパン〉

TEL 03 6303 3881。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます