世界遺産・下鴨神社にチームラボ! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

世界遺産・下鴨神社にチームラボ!

京都の下鴨神社で、『下鴨神社 糺(ただす)の森の光の祭 Art by teamLab』がスタート。神秘的な光のアートが、鬱蒼とした森と美しい境内を照らしだし、夢のような情景が広がっている。

歴史ある下鴨神社を、幻想的な光が照らしだす。
「糺の森」とは、下鴨神社境内に縄文時代から生き続ける広さ3万6千坪の森のこと。ケヤキ、エノキ、ムクノキなどの広葉樹を中心に、百年単位の樹齢を誇る樹木が林立し、学術的にも貴重な森として知られる。今回、チームラボは糺の森の参道と、下鴨神社・楼門の2か所で作品を展示している。
『呼応する木々、下鴨神社 糺の森』。光の色は通過するものを察知して変化する。
糺の森の参道では、木々をライトアップ。人や動物が近くを通過すると、光の色を変化させ音色を響かせる、インタラクティブ作品を展示している。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます