日常に溢れる「モジ」と「モノ」を楽しく観察&工作しよう。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

日常に溢れる「モジ」と「モノ」を楽しく観察&工作しよう。

DIYとタイポグラフィーの2大ユニットによる豪華共演! おなじみ〈無印良品〉の定番商品が、思いもよらぬ姿に大変身しました。

ハイブリッドな変身を遂げた椅子や三輪車が並ぶ会場風景。中には〈無印良品〉の洗濯機をレコードプレーヤーに改造した作品も。photo_Hidetomo Abe
独自のデザイン感覚のものづくりの技でユニークな立体造形物をつくる〈GELCHOP〉。工作大好きモリカワリョウタ、オザワテツヤ、タカハシリョウヘイの3名によるユニットで、ショップ什器やオリジナル家具、玩具からパブリックアートまで幅広い製作を続けている。

そのGELCHOPが5年ぶりに展覧会を開催。今回は解体と再構築をしながら、新しい文字の概念を模索する実験的な2人組タイポグラフィユニット〈大日本タイポ組合〉の秀親、塚田哲也とタッグを組み、日常生活のなかに溢れる「モジ」と「モノ」の価値や、人との関係性などを改めて考え直していく。
照明とテーブルウェアもこんな姿に。おや、テーブルと椅子もハイブリッド!? photo_Hidetomo Abe
深い洞察力とたくましい探究心で、新しいデザインの世界を切り開いてきた両者だけに、会場は奇想天外で楽しい「観察」と「工作」にあふれている。

「観察と工作」展 モジとモノが交錯したら?

〈無印良品 有楽町 ATELIER MUJI〉

東京都千代田区丸の内3-8-3
インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F。〜8月28日。10時〜21時。無料。公式サイト