Good TOOLS For Me | 愛用のタオルは何ですか? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Good TOOLS For Me | 愛用のタオルは何ですか?

毎回3人のゲストに愛用している日用品を教えてもらいます。 今回のテーマはタオル。決め手は使う場所と肌触りです。

〈ババグーリ〉のタオル&手ぬぐい。(辺銀愛理〈ペンギン食堂〉経営)

私のタオルLOVE人生は、温泉旅館や酒屋さんからもらうネーム入りタオルから始まり、ホテルズタオル、サザビーを経て、現在ババグーリに夢中。(笑)
アメリカや東京に住んでいたころは、毛脚が長いフカフカなタオルを愛していた。できるだけ厚く、重いタオルを探してはコレクションに加えニヤニヤしていたものだ。そんなヘビーフワフワ時代を経て、乾きやすい薄いタオルラバーに変わったのは石垣島に移住してから。南国の花咲き誇る中にいると、逆に無地でナチュラルなタオルが欲しくなった。そんな思いが高まったある日、ヨーガンレールのブランド〈ババグーリ〉でオーガニックコットンのタオルを発見! 早速、使い始めた。このタオルは使うたびに糸が締まり、若干硬くなる感じがするが、肌にベタつかないその適度な硬さがたまらなくなる。乾きはもちろん最高だ! またラオスの藍染め手ぬぐいは、頭に巻けばターバン、首に巻いて汗をぬぐえ、大判はストール兼エプロンになり、海ではビーチマット、泳いだ後はタオルにもなる優れもの。平織りだから強く叩けば簡単に砂が飛んでいく。旅好きなヨーガン レールさんが好むものは自然と私の生活にも寄り添ってくれる。さぁ、また一緒に旅に出ようか?

ぺんぎんあいり

東京生まれの米国育ち。15年前に夫と石垣島に移住。《石垣島ラー油》の生みの親。映画『ペンギン夫婦のつくり方』の原作者。沖縄で〈ペンギン食堂〉等を経営。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます