思わず手にして出かけたくなる、超軽量スピーカー《Beoplay A1》。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

思わず手にして出かけたくなる、超軽量スピーカー《Beoplay A1》。

デンマークのセリシエ・マンツがデザインしたポータブルスピーカー《Beoplay A1》。600gの超軽量アルミニウムボディに、ぬくもりを感じる革紐を組み合わせ、気軽に持ち運びたくなるデザインと機能を実現している。

〈バング&オルフセン〉のカジュアルライン〈B&O PLAY〉の最新作であるこの製品は、同社のBluetoothスピーカーでは最小サイズ。直径133×高さ48㎜というコンパクトサイズながら、360度に広がるダイナミックな音場設計と、最大24時間のポータブル再生が可能なパワフルさが魅力だ。

幅広い行動範囲をサポートするために、本体からボタンなどが突出しないように配慮。表面を堅牢かつ滑らかな仕上げにまとめたことで、衝突や摩擦に強い耐久性を備えていることにも注目したい。キャンプやピクニックのお供に、《Beoplay A1》をバッグやリュックにくくりつけて出かけてみては?

Beoplay A1

27,685円。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます