吸引と水拭きを同時にできる、最先端ロボット掃除機《DEEBOT T9+》とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

吸引と水拭きを同時にできる、最先端ロボット掃除機《DEEBOT T9+》とは?

コロナ禍を経て家で過ごす時間が圧倒的に増えたといわれる。とある調査では、テレワークによって自宅の掃除に対するストレスの度合いが増えたと考える方は70%にも上がっているそう。そんな私たちの負担を軽減させてくれる最先端ロボット掃除機《DEEBOT T9+》を徹底チェックしてみた。

水拭きならではの清潔な床を、吸引とともに実現できる《DEEBOT T9+》。シンプルなボディはどんな環境にも馴染む。
1998年の設立以来、23年にわたって家庭用ロボット製品を提供してきた専門メーカー=エコバックス社。同社の最新モデルが《DEEBOT(ディーボット) T9+》だ。

まず注目したいのが、吸引と水拭きを同時に行うことができる点。標準装備された業界初の電動振動型モップシステムで、毎分約480回振動するモップが床にピッタリとフィットし強力な水拭きでしっかりと汚れを落としてくれる。水拭きならではの清潔な床が、一瞬にして実現するのが嬉しい。

自動ゴミ収集機(左)が標準装備されている《DEEBOT T9+》。掃除が完了するとたまったゴミを自動で密封型紙パックに吸い上げ、パックを取り出す際には口が閉じる構造になっていて、ホコリやチリも舞い上がらない。約60日分のゴミが収納可能だ。
アプリと連動した遠隔操作機能や清音設計で、外出時や夜間の稼働も簡単に。
さらに、ロボット掃除機でつねに課題となる障害物回避能力については、従来モデルの10倍にパワーアップ。内蔵されたカメラと投射機を組み合わせることで障害物を立体的に検知し、家具への衝突緩和やコード類などの巻き込みも防止。小さな障害物までもしっかり回避してくれる。

また、業界初のエアフレッシュナー搭載で、吸引清掃と同時に消臭機能を発揮するのも注目すべきポイント。後方のファンを作動させることで掃除をしながら香りを広げ、気になるニオイを効果的に除去してくれる。掃除機の排気問題がこれで一気に解決できる。

家庭用ロボット製品専門メーカーによる最先端のロボット掃除機で、日々の暮らしをより良く。年末の大掃除もきっとはかどるに違いない。

ロボット掃除機《DEEBOT T9+》

129,800円。ロボット掃除機本体 353×353×93.6mm、自動ゴミ収集スタンド 300×430×430mm。充電時間:約6.5時間、最大稼働時間:約175分。カラー:ホワイト。段差乗り越え高さ:約20mm
(モップ非装着時)。動作音:57dB。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!