家カレーをさらにおいしく! 真夏のカレー皿10選。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

家カレーをさらにおいしく! 真夏のカレー皿10選。

暑いですね。でも夏バテしちゃいられません。こんな時は、辛っ! ウマっ! ってハフハフしながらカレーを食べるに限ります。この夏、カーサが提案するのは、“家カレー”を楽しくするカレー皿10選。定番カレーをおいしく見せる作家ものから、色も柄もスパイシーな海外のうつわまで。うつわに合うカレーやスプーンも紹介します。

【“料理好きうつわ作家”がつくるカレー皿】

〈郡司製陶所〉のオーバルプレート × キーマカレー

キーマやドライカレーなどぽってり系が好きなら、底が広めでフラットなプレートタイプのカレー皿を。〈郡司製陶所〉のオーバル皿は、黒いリムが額縁のような役割を果たすのが特徴。具だくさんカレー×サフランライスもモダンにまとまる。W27×D18×H3cm 4,950円。●うつわ楓 TEL 03 3402 8110。
強い主張の一切ない、素直でモダンな佇まい。この艶やかな黒が〈郡司製陶所〉のうつわの大きな魅力。深さは3cm、リムの立ち上がり部分は約1cm。
「カレーにはスッカラ」という人は結構多い。匙の部分が平たいスッカラは、日本人の口のカタチに合っているそうだ。ヴィンテージの真鍮製スッカラ。1,980円。●工藝喜頓 問い合わせ
オーバルプレートの色バリエーションは3色。黒釉のほか、益子の伝統釉である糠白釉と、キャラメルみたいな明るい茶色の飴釉。すべてW27×D18×H3cm 各4,950円。●〈うつわ楓〉
盛り付けた瞬間、「よし、決まった!」とにんまり。どんなに無雑作に盛ってもカッコよく見せてしまうのが、〈郡司製陶所〉の黒いオーバル皿だ。民藝の里、栃木県益子に工房を構える郡司庸久・慶子夫妻は大の料理好き。朝昼晩、キッチンや食卓で感じたこと気づいたことが、うつわの色や形や質感に生かされている。

深い艶のある黒釉は、カレーのようにこっくり色濃い料理との相性が抜群。リムの幅がまた絶妙で、黒い額縁のようにカレー&ごはんのコントラストを引き立てる。形はふつうの楕円よりやや細長いオーバル型。テーブルに置いた時にすっきり見えるし、カレー2種の“あいがけ”にも挑戦したくなる。

取り扱いショップ〈うつわ楓〉
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!