東京の名喫茶を着よう。純喫茶の名店をデザインしたTシャツ&トートバッグ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

東京の名喫茶を着よう。純喫茶の名店をデザインしたTシャツ&トートバッグ。

どれほど時代が変わろうとも、長きにわたり変わらず街と人々に愛される純喫茶。東京にある5つの名喫茶のロゴや名物メニューをデザインにあしらった、ユニークなTシャツとトートバッグが発売になりました。

東京の名喫茶のロゴや名物メニューをデザインに起用したアイテムが勢揃い。
変わり続ける東京の風景の中で、いつも変わらずそこにある純喫茶。時代の流れとともに無くなってしまった名店も少なくない中、今なお営業を続ける名喫茶たちは、街の文化遺産と言える。

そんな東京の名喫茶5店のロゴや名物メニュー、店内の風景をデザインにした、Tシャツとトートバッグが誕生した。株式会社ビルドが企画し、監修を担当したのは、〈東京喫茶店研究所〉という架空の研究所を運営する、純喫茶愛好家の難波里奈。数ある店舗の中から選ばれたのは、高田馬場〈喫茶ロマン〉、四谷〈コーヒー・ロン〉、神田〈珈琲専門店エース〉、八王子〈珈琲専門店 憩〉、中板橋〈欧⾵菓⼦ ⽩⿃〉と、いずれも約50年以上の歴史を持つ老舗の名店たち。店のロゴを前面に配したTシャツと、看板メニューと共に象徴的な店内風景を描いたトートバッグという、喫茶店愛あふれるアイテムになっている。
高田馬場駅前の〈喫茶ロマン〉のトートバッグ。3,300円。トートバッグのイラストは全て、イラストレーターのoyasmurが手がける。
店のロゴがデザインされたTシャツ。3,800円。展開はS〜XL。創業当時、大阪万博にも関わった経験のあるデザイナーが、ロゴから内装、さらにはランチョンマットなどの小物類まで、全てをデザインしたという。
名物のパンケーキとストロベリージュース。パンケーキは創業時からのメニュー。〈喫茶ロマン〉は1969年創業。学生街の若者からサラリーマンまで、幅広い層で賑わう。
四谷〈コーヒー・ロン〉のトートバッグ。3,300円。
店のロゴ入りTシャツ。3,800円。展開はS〜XL。ロゴデザインは店舗の設計を手がけた建築家によるもの。
作家・井上ひさしも愛した、看板メニューのタマゴサンドとミルクセーキ。〈コーヒー・ロン〉は1954年創業。ミニマルな外観や、1階と2階を繋ぐ螺旋階段など、建築デザインも魅力。
神田〈珈琲専門店エース〉のトートバッグ。3,300円。
店のロゴ入りTシャツ。3,800円。展開はS〜XL。ロゴに加えて、テント看板の赤と白のデザインもあしらった。ロゴはマスターの清水英勝によるデザイン。
看板メニューの《のりトースト》は、全国からこの味を求めて人々が集まるほどの人気。〈珈琲専門店エース〉は1971年創業。コーヒーは、なんと40種類ものラインナップを誇る。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!