〈イッタラ〉はフィニッシュ・アイコンのオンパレード! アンビエンテ現地リポート。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈イッタラ〉はフィニッシュ・アイコンのオンパレード! アンビエンテ現地リポート。

ドイツ・フランクフルトで開催された世界最大級のトレードショー「アンビエンテ」の現地リポート。アイコンデザインが目白押しで華々しかったのは〈イッタラ〉です。

ドイツ・フランクフルトで毎年2月に開催される「アンビエンテ」は、生活雑貨や食器、キッチン用品など世界から4,300社が集まる世界最大級のトレードショー。食器やキッチンツールの世界へのデビューの場として、毎年多くのバイヤーが集まり、世界のショップに発信されている。

その中でも来場者が必ず訪れるのがフィンランドの〈イッタラ〉。毎年、今年はどんな空間?と、展示のデザインウィットが期待される人気ブースだ。アンビエンテに先駆けて発表された、イッセイ・ミヤケとコラボレーションした新作が話題を呼んだが、こちらでは従来の〈イッタラ〉らしさを見つめ直した新作もお披露目された。フィニッシュ・アイコンのオンパレード!
カイ・フランク(1911-1989)は〈イッタラ〉の原点ともいえるガラス器のデザインで、〈イッタラ〉の名前を世界に広めたプロダクトデザイナー。日本でも超定番食器と言える《ティーマ》《カルティオ》など、ミニマルなデザインを見れば思い出す人も多いだろう。
カイ・フランクによる《ティーマ》《カルティオ》などのシリーズ。
カイ・フランクはカトラリーなどのデザインも手がけていて、その中の一つが復刻された。1952年デザインの《スカンディア》。フィンランドの国民的なカトラリーと位置づけられるほどで、フォークの先が豆やライスを救いやすいように平らになっていたり、スプーンはスープが一口でたっぷり食べられるように丸く深めになっていたり、日々の実用性を重視してデザインされた。