3年かけて日本で完成させた、セシリエ・マンツ新作への思い。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

3年かけて日本で完成させた、セシリエ・マンツ新作への思い。

デンマークのデザイナー、セシリエの家具が〈アクタス〉から登場。感覚と質を重視する彼女の創造性に、日本の木工が応えました。

日本の暮らしで使ってもらうのが本当に楽しみ。

セシリエ・マンツの最新作《MOKU》は、彼女が日本で手がけた初めての家具。自身の持ち味を発揮した会心作だ。

Q 〈アクタス〉からはどんなリクエストがあったのですか?
日本の家庭向けのダイニングセットを求められました。私が考えたのは、人を迎え入れるような丸みと滑らかさ。日本では茶碗などあらゆるものに、そんな形の魅力がありますよね。テーブルの下に椅子が収まる高さにしたりと、コンパクトな空間を生かすことも心がけました。コンセプトは「緊張感のある親しみやすさ」です。

Q その意味するところは?
やたらとカーブを強調するデザインを私は好みません。引き締まった構築的な美しさがあり、感覚的にはスムーズで心地よいものにしたかった。こうしたイメージは、この家具を製造する飛騨の〈日進木工〉を訪れた後、移動の電車や飛行機の中ですぐに湧いてきました。その後コペンハーゲンのスタジオでスケッチを重ね、試作を始めました。どの曲線も私の手描きがベースで、最後の製造図面への落とし込みだけCADを使います。