アトリエ・ビアゲッティとワークアウトしませんか? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

アトリエ・ビアゲッティとワークアウトしませんか?

『カーサ ブルータス』2020年12月号より

ミラノのデザインデュオによる《ボディビルディング2》、家全体をジムにできる、とアスリートの間でも話題です!?

《PALLA》バランスボール風オブジェは6,100ユーロ。
《KO》サンドバッグ10,980ユーロ。
《YOGA》ヨガマット3,660ユーロ。
《CAVALLINA》ベンチは9,760ユーロ。いずれも表面素材は再生PET樹脂が原料のヴィーガン皮革「BioVeg」。環境保護への姿勢も特徴の一つだ。
バランスボールにヨガマット、サンドバッグまですべてゴールド!? アトリエ・ビアゲッティが発表した《ボディビルディング2》は、金色に輝くトレーニング用品のシリーズだ。

アトリエ・ビアゲッティはルイ・ヴィトンの旅する家具〈オブジェ・ノマド〉シリーズのテーブル等で知られる、デザイナーとアーティストのデュオ。コンセプチュアルなアート性や、大人の遊び心を持ち、《ボディビルディング2》も実用ではなく、インテリアとして楽しむものだ。アルベルトとローラに話を聞いた。

Q ホームエクササイズは今やニューノーマルですが、なぜ5年前にフィットネス器具の家具を?

アルベルト・ビアゲッティ(以下、アルベルト) 人はみなフィットネス器具に惹かれるものだね。身体を鍛え、筋肉をつけるのが本来の目的だが、実際に使うより、眺めて満足している場合も少なくない。フィットネス器具を前にした時の現実であり、ジレンマだ(笑)。
《SPALLIERA》肋木は7,320ユーロ。
《CAVALLINO》スツール3,660ユーロ。
《BODYBUILDING MIRROR》筋肉のつき具合もバッチリわかる? ボディビル用ミラー7,320ユーロ。
Q だから「観賞用の」フィットネス器具を作ったのですね。

アルベルト 今回の第2弾では、ギリシャ神話に登場するミダス王にヒントを得た。触れるものすべてが黄金になってしまうミダス王。その神殿さながらの「ゴールドのジム」というわけだ。変えられるのは肉体だけじゃない。周りの環境さえも、自分の意志次第で変容することができる、とね。

Q 今回は再生PET樹脂由来の皮革を使っています。他に新しい特徴は?

アルベルト 今回は展示方法も完全バーチャルで、いわばオブジェをすべて金色の世界に閉じ込めた。注文を受けてから1点ずつ手作業で製作される。すなわち、求められて初めて存在するということ。また(演劇にたとえれば)誰もがみな観客と主人公、その両方になりうる、というのも新機軸だね。
ローラの教則ビデオも公式サイトで視聴可。80年代のアイコン、ジェーン・フォンダのワークアウトビデオに影響、と。
Q デザイン見本市もすべてオンラインという現在において、この作品の意味合いとは何でしょう?

アルベルト 今どんどん希薄に感じられる自分の肉体性や体感、距離や物理的空間について、改めて考えるきっかけになると思う。激しく変貌しつつある空間や時間の新しい概念は取り入れたくても、みな自分自身を見失いたくはないものだからね。

Q 歌手でもあるローラさんにとって、身体はいわば楽器ですね。

ローラ・バルダッサーリ 歌手として最も大切なのは、あらゆる「バランス」です。わたしたちアトリエ・ビアゲッティも、妥協することなく最善のバランスを目指し続けています。
アトリエ・ビアゲッティ デザイナーのアルベルト・ビアゲッティ(左)と、アーティスト/歌手のローラ・バルダッサーリ(右)によるデザインチーム。

『Body Building 2』

2015年の第1弾に続くバージョンの新シリーズ。すべて手作業の一点モノ。サイズなど仕様は応相談。トレーニング用ではなくあくまで家具。問い合わせはinfo@biagetti.netまで。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます