益子の人気作家×一流料理人がタッグを組んだ、うつわブランド〈GENDO〉が始動。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

益子の人気作家×一流料理人がタッグを組んだ、うつわブランド〈GENDO〉が始動。

益子の陶芸家6名と〈リストランテ・ダ・フィオーレ〉の眞中秀幸シェフが、新しいうつわブランド〈GENDO〉を立ち上げました。〈ザ・リッツ・カールトン日光〉でも採用された注目のうつわが、10月23日から東京・六本木の〈g GIFT AND LIFESTYLE〉にて展示販売中です。

両手で持つと底が平面になっており、作家の松崎は「“よそう”のではなく“盛る”うつわだが、手で包み込める温かみがある」と語る。料理家に求められる、盛り付けたときのうつわの”余白”を残した。
土の質感がよく分かるうつわにシンプルな肉と野菜を合わせることで、より大地を感じられるように。
炙った白子には、同じく火を連想させる焼き締めのうつわを。
「料理に使える色は3色までが原則。色味がはっきりしているうつわでも、料理と同系色にすることで統一感が生まれます」と眞中。
精緻な口縁のうつわは一見合わせるのが難しそうだが、盛り付けの動きをデザインに合わせるとうまく馴染む。
益子の人気作家と一流料理人がタッグを組んだら…? 2020年9月、松崎健、伊藤剛俊、竹下鹿丸、西山奈津、萩原芳典、宮田竜司の6人の陶芸家と、東京・表参道の〈リストランテ・ダ・フィオーレ〉のオーナーシェフ眞中秀幸が新しいうつわブランド〈GENDO〉をスタートした。

ブランド名の〈GENDO〉は“原土”に由来し、焼き物にとって大切な土と、益子焼らしい土感の表現を目指して名付けられた。〈GENDO〉のうつわは“料理に合ううつわ”を追求し、自分の作品づくりではなくあくまでシンプルさや持続可能性を重視している。陶芸家の一人、西山は「制約の中でどう自分らしさを表現していくかがチャレンジであり、おもしろさ」と語る。

7月に開業した〈ザ・リッツ・カールトン日光〉でも〈GENDO〉のうつわが使われている。その理由について眞中は、「フレンチ料理界の巨匠が『一番至高の料理は、野菜に塩とオリーブオイルをかけただけのサラダである』と言っていたのが印象に残っている。オーガニック志向をはじめ素材を重視したシンプルな料理が好まれる今、日本の自然を感じるうつわは世界中で求められている」という。

一方、陶芸家の松崎によれば、「個性的な作家は、これまで自身の作品を使う料理人について“盛れるもんなら盛ってみなはれ”という気持ちが強かった」という。そのため作品性が高くとも、使い勝手の観点から料理家に敬遠されていたうつわも多かった。しかしこの〈GENDO〉では、作風の確立した益子作家と料理人が対話を重ねることで歩み寄りに成功。作家が作品を持ってきては眞中がうつわを試用し、リクエストを重ねることで真に料理に合ううつわが生まれた。
うつわの個性が強くデザイン性が高い場合、それに合わせて料理もかっちり盛り付ける。今回はバジルを作為的に立たせた。
花のようなうつわには花を添えて。
10月23日からは〈六本木ヒルズ〉内にある〈g GIFT AND LIFESTYLE〉にて500点ほど展示・販売が行われている。1,000円の豆皿から150万円の大壺まで、多種多様に揃った見応えのある展示だ。ぜひ手に取って「何を盛り付けようか?」とイマジネーションを楽しんでみては。

展示作品紹介

・松崎健

《白瓷皿》(4サイズ)6,000円〜12,000円。
《白瓷皿》(4サイズ)6,000円〜12,000円。
《白瓷カップ&ソーサー》5,000円。
参考作品《Shi-Kei 覗景 》(2サイズ)8,000円。

・伊藤剛俊

全て参考作品。伊藤は参考作品10点と花器2点を販売予定。
参考作品
参考作品
参考作品

・西山奈津

《Sha-Kei写景 タンブラー》(ブロンズ)3,400円。
《Sha-Kei写景 タンブラー》(白)3,400円。
《豆皿》(ブロンズ)2,800円
《豆皿》(白)2,800円

・萩原芳典

《Shi-Kei 覗景浅鉢 緑》5,000円
《Shi-Kei 覗景鉢 ボウル(肌線)》5,000円
《Shi-Kei 覗景鉢 緑》5,000円

・宮田竜司

《Sha-Kei 写景 稜花》(3サイズ)1,000〜2,500円。
《Sha-Kei 写景 稜花鉢》4,700円。
《Sha-Kei 写景 稜花八寸》5,000円。
《楕円皿》(2サイズ)2,700〜3,600円。
なお、竹下鹿丸はぐい呑から大壺まで50点ほど販売予定。

〈GENDO〉展示販売会

〈g GIFT AND LIFESTYLE〉
東京都港区六本木6-10−2 六本木ヒルズ ヒルサイドB1。TEL 03 6812 9163。11時~20時。売り切れ次第終了。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます