京都の伝統技法と、現代の手仕事が融合する〈小川珈琲〉の旗艦店。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

京都の伝統技法と、現代の手仕事が融合する〈小川珈琲〉の旗艦店。

『カーサ ブルータス』2020年10月号より

昭和27年に創業した京都〈小川珈琲〉の旗艦店〈OGAWA COFFEE LABORATORY〉が東京・桜新町にオープン。クリエイティブディレクターは南貴之、内装デザインは関祐介率いるデザインチーム〈Yusuke Seki〉が手がけた。

店内中央にあるコーヒー豆の蔵を、浮造りのカウンターが囲む。
蔵の入口は茶室の「にじり口」をイメージしたスライド式のドア。
世界20ヵ国、500農園で育った生豆から〈小川珈琲〉の味は生まれる。〈OGAWA COFFEE LABORATORY〉では、常時21種類のシングルオリジンとブレンドが揃う。
木工作家、小山剛が制作したアートピース。
空間中央には茶室のようなにじり口のある「蔵」をシンボルとして配置。その周りに浮造りのカウンターを回遊させ、キッチンと客席を緩やかにゾーニングすることで珈琲職人の所作を客席から見えるようにした。
国内作家のコーヒー器具と、〈小川珈琲〉オリジナルのコーヒー豆も購入できる。
カップ&ソーサーは大谷哲也、デキャンタは〈STUDIO PREPA〉、トレーは内田悠、カトラリーはLueが製作。
マトリクスでまとめた表を見ながらコーヒーを注文できる。飲んだコーヒーに応じてもらえるオリジナルのカードも。
珍しいスライド式のガラス製フードケース。
関が設計したオリジナル家具。
写真機材で樹木をディスプレイ。
ペーパータオルの置き石にも関のこだわりが。
持ちやすい取っ手にも石を使用。
「自然光の下でどう見えるかを意識した」という店内は、照明を極力抑えた陰影のある空間となっており、テーブルは木目が最も美しく見えるワラン材を採用。関が自ら調達し削った京都の廃線市電の敷石を、床材、机の重石、段差のステップに使っている。さらにカウンター下には茶室の「腰張り」を用いることで、モダンでありながらも京都の伝統的な美意識を表現した。古今の手仕事が凝縮した空間だ。
外観。
街の景色を一体化するファサード。
排水口のサインも、関が最もこだわったところの一つ。

〈OGAWA COFFEE LABORATORY〉

東京都世田谷区新町3-23-8 エスカリエ桜新町1F。7時〜22時。無休。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます