装丁は細部が楽しい! 鈴木成一、初の春樹本。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

装丁は細部が楽しい! 鈴木成一、初の春樹本。

『カーサ ブルータス』2020年7・8月合併号より

装丁家の鈴木成一が意外にも初めて手がける村上春樹の本。デザインの方向性はタイトルから導き出されたそうで……。

『村上T』 村上春樹がつい集めてしまったという膨大なTシャツコレクションから108枚を紹介。それぞれの思い出の中にレコード、ウイスキー、マラソン……とハルキ・ワールドが繰り広げられる。1,800円(マガジンハウス)。
すずきせいいち 1962年北海道生まれ。装丁家。筑波大学在学中に鴻上尚史の戯曲集を手がけ、エディトリアルデザインの道へ。1992年鈴木成一デザイン室設立。これまでに装丁した本は1万冊以上。
村上春樹はTシャツコレクターだった。それも、かなりマニアックな。ハルキストはもちろん、ファッション好きの若者も巻き込んで話題となった雑誌『ポパイ』の人気連載がついに書籍化。ブックデザインを手がけた鈴木成一に、これまたマニアックな装丁のポイントを聞いてみた。

Q タイトルを聞いた瞬間、装丁の方向性が決まったそうですね。

そうですね、文字の並びとしては相当不思議なんです、「村上T」というのは。「上」と「T」が並ぶと、「T」まで漢字に見えてくるでしょう? 背表紙なんて縦組みだから、特にあれ? となる。この特殊性を本のさらなる個性にするべく、オリジナルの文字を作りました。もし題名が『村上春樹が愛したTシャツ』だったら、こんな本にはなっていないですね。

Q てっきり「村」の文字だけが作字なのだと思っていました。

先に作ったのは「上T」です。表紙の左下にある「村上春樹」の文字に使ったモリサワの見出ゴMB31というフォントをベースに、セリフ(ストロークの頭にある突起や飾り)を取り払って抑揚をなくし、直線的にしています。その後に、この「上T」と並べて違和感のない「村」の形を考えました。
ピシッとエッジが立った角背の上製本。文中で村上春樹は、よく着るのは文字のみのTシャツだといい、その理由を “佇まいがきっぱりしているから” と話す。この本にも通ずる雰囲気がある。
題字の試行錯誤。形が仕上がった後は線の太さを検証。字間でも印象が変わる。
Q 「村」は難産だったそうですね。何パターンも試した、と。

画数が多いので、見た目が重たくなってしまうんです。3文字を並べた時にフラットな印象にしたかったので、線と線をあえて食い込ませるなどして調整しています。顔を近づけて見ると分かると思いますが、木偏の縦線と左のハネがぶつかる部分をわずかに削ったり。細かい話ですね(笑)。でも、ここが今回まずやりたいと思ったこと。一番時間をかけました。

Q 判型や文字組の意図は?

この辺りは、原稿を読んだ後に自然と形が見えてきました。常々、ブックデザイナーは余計な解釈をしないほうがいいと思っているんです。作家に太刀打ちなんてできないですから。本の内容をストレートに形にすることが重要。新人作家だと過剰さや鮮烈さを求められることもありますが、村上さんにそれは必要ない。なので判型はTシャツの縦横比を軸に、上下左右に等間隔の心地よい余白が生まれるようにしました。それと今回はコレクションを楽しむ本なので、ナンバリングはきっちりあったほうがいいだろう、と。書籍には珍しく、ノンブル(ページ数)も1ページ目から律儀に入れています。1ページ目、2ページ目のノンブルがない本は多いんですよ。
ノンブルのようだが、これはTシャツのナンバリング。掲載したすべてをカウント。
採用されなかったゴシック組の本文。
Q カバーの紙も印象的です。

これはパターンズFのコットンホワイトという紙。Tシャツの布地のイメージです。本文用紙はB7トラネクストのクリーム色。白い紙より文字馴染みがいいし、この紙は発色がよく、写真も綺麗に印刷できる。古着の色褪せた雰囲気をちゃんと出したかったので、写真はTシャツ、影、背景の3ブロックに分けて色調整しています。

Q 鈴木さんは、春樹さんの本の装丁は初めてだそうですね。

そうなんです。本文はゴシックと明朝の2パターンを出して、村上さんが明朝を選びました。他はお任せで、スムーズに進んでよかった。難しそうですが、いつか小説もやらせていただきたいですね。

Q 最後に、表紙のTシャツは赤、裏表紙は緑ですが、やはり『ノルウェイの森』へのオマージュ?

あぁ……意識は……したかなぁ。どうだろう? これに関しては、どっちでもいいです(笑)

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます