暮らしを彩る鳥たち。イッタラ×ミナ ペルホネンのコラボレーション。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

暮らしを彩る鳥たち。イッタラ×ミナ ペルホネンのコラボレーション。

〈ミナ ペルホネン〉のデザイナー、皆川明が手掛けたハンドドローイングをもとに、〈イッタラ〉が新しいアイテムを発表する。

(左から)《ガラスバード グレー》W126×H92mm、《ガラスバード セビリアオレンジ》W135×H82mm、《ガラスバード レモン》W79×H132mm。各7,500円。
(左から)《プレート バード》21cm、《ボウル バード》15cm、《マグ バード》300ml。各2,800円。
アルヴァ・アアルトのフラワーベースやカイ・フランクのグラスで知られるフィンランドのデザインブランド〈イッタラ〉が、テキスタイル&ファッションを軸に幅広い活動を行う〈ミナ ペルホネン〉と新たなコラボレーションを発表。〈ミナ ペルホネン〉デザイナーの皆川明が手描きした鳥をモチーフに、暮らしに寄り添うデイリーアイテムの販売を開始する。

鳥は皆川明が好んで描くモチーフのひとつであり、思いのままに空を飛び回る翼は、無限の可能性を示すものだ。テーブルウエアやインテリアオブジェなど、生活の身近なものに大らかな鳥の姿を自分自身に重ねることで、人々の心が軽やかになり、誰もがそれぞれの感覚でさらに自由で豊かなストーリーを思い描いていってほしいと皆川は語る。
《キーリング》各2,800円。
《トートバッグ》ホワイト&ネイビー5,000円。その他に、ピンク&グレー、ミント&グレーもある。
今回のコラボレーションは、5つのコレクションで展開する。優しい表情でたたずむ鳥のガラスオブジェは、レモン、セビリアオレンジ、グレーの3色が揃い、すべてフィンランドの〈イッタラ〉本社工場で作られたもの。磁器のマグカップ、プレート、ボウルは、〈イッタラ〉の代表シリーズ《ティーマ》をベースに色とりどりの鳥たちを配し、1日を爽やかな気分ではじめたい朝の食卓にぴったりなセット。このほか、家のなかだけでなく外出先でも同じ気分が楽しめるように、トートバック、ポーチ、キーリングなどを用意した。

この魅力的なコレクションは、9月の海外発売開始に先駆け、日本国内では7月15日から〈イッタラ〉ショップと公式オンラインショップ、また〈ミナ ペルホネン〉の店舗などで先行発売される。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます