“瞬間蒸発”により旨みが凝縮。バーミキュラのフライパンが誕生。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

“瞬間蒸発”により旨みが凝縮。バーミキュラのフライパンが誕生。

鋳物ホーロー鍋で知られる〈バーミキュラ〉から、フライパンが新たに発売。余分な水分の“瞬間蒸発”を実現することで、炒め物をプロのレベルに近づけてくれる。

鋳物ホーローの限界に挑んだ、約1.5mmの薄さ(最薄部)。焦げつきにくさと耐久性を両立している。洗剤使用もOK。
持ちやすさを追求した、職人による削り出しのウッドハンドル。
本体は鋳鉄ホーロー。ハンドルはオーク材、ウォールナット材の2種から選ぶことができる。
4月21日に新発売となる、《バーミキュラ フライパン》。鋳物ホーロー鍋やライスポットなど、これまでの人気調理器具でもブランドが重きを置いてきた“素材の旨み”を最大限に活かす、新たな定番品となりそうだ。
《バーミキュラ フライパン》26cm・15,300円/24cm(深型)・14,800円。
別売りの専用リッド26cm・3,700円/24cm・3,500円。持ち手は鋳物ホーロー製で、自立する仕様。
〈バーミキュラ〉おなじみのレシピブックも付属。こちらは26cmに付属の表紙。
24cmに付属の表紙。
最大の特徴は、炒め物をプロさながらの出来栄えに近づけてくれる“瞬間蒸発”を叶えてくれる点だ。新開発のホーローと蓄熱性が高い鋳鉄を組み合わせることによって生まれた「エナメルサーモテクノロジー」により、水分量がアルミフッ素コートのフライパンであれば312秒かかるところ、このフライパンでは3秒で蒸発。余分な水分を素早く蒸発させることで、素材の旨みが凝縮する。プロの炒め物を美味しくしている「高火力の熱源」や「高度な鍋振りの技術」がなくても、家庭で本格的な味わいを楽しむことができる。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます