スタルクの手で甦る湖のほとりのシティホテル。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

スタルクの手で甦る湖のほとりのシティホテル。

『カーサ ブルータス』2020年4月号より

スイス随一の商業都市であり、同時に自然豊かな湖を有するチューリッヒ。その両側面を堪能できるホテル〈ラ・レゼルヴ・エデン・オ・ラック〉が誕生した。

湖を臨む眺望が何より贅沢。
元の建物にあったステンドグラスなども内装に使用。
湖畔の築100年を超える建造物を、架空のヨットクラブをコンセプトにフィリップ・スタルクが全面改装。木や大理石などの素材の持ち味と水辺の立地を生かしたデザインが、スイスの都市にかなう新モダン&クラシックと評判だ。
大理石の壁、木の床などの自然素材が、歴史ある建築と調和を生む。

〈La réserve EDEN AU LAC ZURICH〉

Utoquai 45, 8008 Zürich TEL (41) 44 266 25 25。全40室。1室1名600スイスフラン〜。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます