蓋を開けると音が響く! 開化堂の茶筒型スピーカーが商品化。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

蓋を開けると音が響く! 開化堂の茶筒型スピーカーが商品化。

〈パナソニック〉と京都の手作り茶筒の老舗〈開化堂〉が、手のひらで音の響きを感じられるワイヤレススピーカー《響筒(きょうづつ)》を共創した。

明治8年創業の〈開化堂〉の匠の手仕事による唯一無二の茶筒と、〈パナソニック〉のデジタル技術の融合により、手のひらで感じる音の響きや、時の流れとともに変わる表情を楽しめる、全く新しいスピーカー《響筒(きょうづつ)》が完成した。11月8日より〈開化堂〉にて100台限定での発売となる。
〈開化堂〉の茶筒の特長を活かし、蓋の開閉の瞬間と音のオン・オフを緻密に連動している。
《響筒》は、〈開化堂〉の茶筒の特長である高い密封性を生かすべく、蓋の開閉の瞬間と音のオン・オフを連動。蓋を開けると茶葉の香りが広がるように音が立ち上がり、蓋を閉じると、蓋が重力に従ってゆっくりと落ち、上品に音をフェードアウトする。
(左から)本体と充電台。外装には真鍮素材、本体底面には本革を使用。充電台にも本体同様の真鍮と本革を採用している。
底面の本革にはコラボレーションの証が。
真鍮の経年変化のイメージ。
外装には真鍮素材を採用。滑らかな手触りと美しい光沢は、触れれば触れるほど濃い飴色に変化し、使い込むほどに愛着がわいてくる。本体底面には本革を使用。充電台にも本体同様の真鍮と本革を採用し、充電時も凛とした佇まいを演出する。

なお、今回のプロジェクトは、〈パナソニック〉のデザイナーが2015年より取り組んでいる、京都の伝統産業とともに新たな家電を研究する共創プロジェクト「Kyoto KADEN Lab.」によって実現したもの。これまでさまざまなプロトタイプを開発してきたが、今回の《響筒》が初の商品化となる。

《響筒(きょうづつ)》

300,000円。1ウェイ1スピーカー、バスレフ型スピーカー。11月8日より〈開化堂〉にて100台限定発売(そのうち30台の先行予約はすでに終了)。TEL075 351 5788(開化堂)9時〜18時。日、祝、第2月休。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!