開催3年目を迎える『DESIGNART TOKYO』。今年の見どころは!? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

開催3年目を迎える『DESIGNART TOKYO』。今年の見どころは!?

ジャンルの垣根を超えて、デザインとアートを横断するモノやコトを発信する目的で始まった『デザイナート・トーキョー』。都内各所で同時多発的に開催されるイベントの中から、注目の展示をピックアップ。

毎年秋に都内各所のギャラリー、ブランドショップなどを舞台にブランドとデザイナーが協働して新作の発表やインスタレーションなどを行う『デザイナート・トーキョー』。 新作発表と展示の2部構成に分けて、今年の見どころを紹介する。

●新作発表

〈アルテック〉からは二俣公一が日本とフィンランド両国の公衆浴場の文化から着想を得たベンチ《キウル ベンチ》を発表。ベンチでありながら、両端の篭の部分にはさまざまな道具を収納することができる。
〈アクタス・青山店〉では、コペンハーゲンのギャラリーショップ〈A.PETERSEN(エー・ピーターセン)〉のオリジナル家具を集めたポップアップストアを行う。シートの芯材にデンマーク沿岸で採れる海藻を使用したソファ・デイベッド・椅子など様々な用途で使える《モジュール》。注目の女性デザイナーCHRIS L. HALSTRØMによるプロダクトだ。
〈アクタス・青山店〉では、コペンハーゲンのギャラリーショップ〈A.PETERSEN(エー・ピーターセン)〉のオリジナル家具を集めたポップアップストアを行う。北欧デザインの黄金期を代表する巨匠、ポール・ケアホルムにも師事したダン・スバースがデザインした《ソファ》。ケアホルム顔負けのミニマルなシェイプが美しい。
〈アクタス・青山店〉では、コペンハーゲンのギャラリーショップ〈A.PETERSEN(エー・ピーターセン)〉のオリジナル家具を集めたポップアップストアを行う。シートの芯材にデンマーク沿岸で採れる海藻を使用したソファ・デイベッド・椅子など様々な用途で使える《モジュール》。注目の女性デザイナーCHRIS L. HALSTRØMによるプロダクトだ。
〈アクタス・青山店〉では、コペンハーゲンのギャラリーショップ〈A.PETERSEN(エー・ピーターセン)〉のオリジナル家具を集めたポップアップストアを行う。北欧デザインの黄金期を代表する巨匠、ポール・ケアホルムにも師事したダン・スバースがデザインした《ソファ》。ケアホルム顔負けのミニマルなシェイプが美しい。
〈カッシーナ〉からはロドルフォ・ドルドーニがデザインしたシステムソファ《ドレスアップ》が発表される。洋裁の技術を想起させるエレガントなディティールが特徴的だ。