フォスター卿レコメン、ミースの伝記マンガです! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

フォスター卿レコメン、ミースの伝記マンガです!

『カーサ ブルータス』2019年7月号より

ケンチクとマンガって実は相性良いんです。スペイン発の「巨匠建築家マンガ」が話題に!

グワッシャ〜〜ン! 癇癪炸裂! ちゃぶ台返しならぬ、ミースの製図台返しをくらえ!
バルセロナ・パビリオン、完成。しかしミースには批判が…。
グワッシャ〜〜ン! 癇癪炸裂! ちゃぶ台返しならぬ、ミースの製図台返しをくらえ!
バルセロナ・パビリオン、完成。しかしミースには批判が…。
巨匠ミース・ファン・デル・ローエの半生を描いた、その名も『MIES』。バルセロナ・パビリオンの完成から、ナチスによるバウハウス閉鎖の悲劇、そして亡命先アメリカでの活躍を辿る、スペイン語のマンガだ。
当時の著名な建築評論家も登場。リサーチが細かい。
「グロピウスのヤツめ!」怒り狂うミース。一体何が起きたのか?
当時の著名な建築評論家も登場。リサーチが細かい。
「グロピウスのヤツめ!」怒り狂うミース。一体何が起きたのか?
ミースをぐっと身近に感じさせてくれるのは、さすがマンガの力! 葉巻をくゆらせながら談笑したり、癇癪を起こしたり。女性たちとのロマンスや、ライバルとの確執など人間・ミースを生き生きと描写する。作者のアグスティン・フェレール・カサスは「史実に基づく創作で、厳密には伝記ではないんですよ」と語るのだが。
ジャーン、フランク・ロイド・ライト降臨! 後ろに描かれているのはシカゴのユニティ・テンプルだ。本書にはフィリップ・ジョンソンも出てくる。
驚くのがファーンズワース邸やレイクショア・ドライブなど、ミース建築の緻密な描き込みっぷりだ。それもそのはず、このアグスティンさんは大学で建築を修め、大手建築事務所に勤めていた元・ドラフトマン。休日に趣味で描いていたマンガのはずが、いつしか国内外の賞に輝く売れっ子に。ただし建築を扱ったのは、本作が初。ミースや建築史の予備知識が求められる内容にもかかわらず、英語圏の一般メディアも絶賛の嵐だ。
関連記事:
【ミース・ファン・デル・ローエ検定】細部に神を宿した巨匠の建築。

MIES

Agustín Ferrer Casas著。序文を捧げているのはかのノーマン・フォスター卿だ。全176ページ。Grafito Editorial刊。25ユーロ。日本からは専用サイトから購入が可能だ。