MY favorite MV ミュージックビデオの話|町田康 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

MY favorite MV ミュージックビデオの話|町田康

Casa BRUTUSが注目するアーティストの方たちに、最新の音楽から、クラシックな名曲、発掘系まで、古今東西のミュージックビデオを紹介してもらう新連載、〈MY favorite MV ミュージックビデオの話〉が始まります!

誰もが気軽に撮影も動画編集もできてしまうスマートフォンの登場、動画サイトでの視聴の手軽さという要因も重なった今ほど、面白いミュージックビデオが発表される時代はないかもしれません。そんなミュージックビデオに焦点をあてた新連載の記念すべき第1回に、作家でミュージシャンの町田康さんが登場。2018年秋〈汝、我が民に非ズ〉としてファーストアルバムを発表した町田さんに、音楽と言葉とミュージックビデオについて聞きました。

__音楽はどんな形で視聴されることが多いですか?

最近はYouTubeで音楽を聴くことが増えて、若い人たちがやっている音楽に出会うことも多くなりました。センスも技術もある人が多いなかで、何にハッとさせられるかというと、僕の場合はやっぱり“言葉”なんです。その人がどういう歌詞を書き、どんな言葉を歌っているか、どんなことを考えて生きているのか。耳で音を聴くだけではなく、ミュージックビデオでは歌っている人の表情や歌い方、声の質も含めて言葉を聴くことができる。今の時代、こうやってYouTubeなどを使って、才能を持っている人が思いついたことをすぐに試せる、聴く人に直接訴えることができるのはすごくいいことだと思います。

__YouTubeで発見されたアーティストや曲を教えてください。

最近面白いと思ったのはbetcover!!という人です。最初に聴いたのが「平和の大使」という曲なのですが、《君は遠くの星から災いを求めてやってきた》なんてこの一行だけで、もう、ちょっと只者じゃない感じがしませんか? 『新約聖書』の「福音書」など、実際に読んでいるかどうかはわからないんですが、そういうものに対する感受性があるように思えます。この曲は、恋愛を歌っているのか社会的なことを歌っているのか、どちらにも取れると思うんですが、そういう個人的なことが、自分の体を通じて普遍性に突き抜けていく、そんな言葉の強さがあると思います。「平和の大使」という曲名もいい。この人の曲は日本語のタイトルがほとんどで、そこも好きなところなのですが、英語を使っていてもやっぱり言葉が強いし、自分の体の中から、言葉と音が同時に出てきている感じがする。サウンドの付属物としてのボイスではなくて、ボイスもあるけど同時に言葉がある。突出したものを感じますね。
betcover!!『平和の大使-Peace Ambassador』(2018年)
__betcover!!ことヤナセジロウは1999年生まれで、プロジェクトを本格始動したのが2017年。今後の活動も楽しみですね。次のおすすめはどんなアーティストでしょうか。

もう有名かもしれませんが、日本語ラップをやっている、ちゃんみなという人です。どの曲もよかったんですが「DOCTOR」という曲が特に好きで、この人もやっぱり言葉がいいんです。日本語という、母音が強い言語を使って日本語を音として響かせようとする時に、いわゆるアフリカ系アメリカ人の抑揚にのせるのは無理なのではないかと思っていたこともあったんですが、じゃあ日本語はこれまでずっと純粋に日本語だったのか、と考えると違うわけです。平安時代には漢文で公文書を作っていたし、詩だってインテリ層の人たちは漢詩を作っていた。そうやって今の形ができているんだから、日本語に新しい抑揚が入ってきて新しい日本語を作っていく、そこに横から文句を言う筋合いはないと思うようになりました。ただ、それでもやっぱり、日本語が日本語として聴こえてくるか聴こえてこないかというのは大きな問題で、おそらく年月が経つうちに、オリジナルとは違う、日本風の抑揚や動きや感情表現が出てくるんでしょうね。今はまだ過渡期かもしれませんが、そんななかでこういう歌手が出てきたのはすごいことだと思います。
ちゃんみな『Doctor』(2018年)
__ちゃんみなは、日本語だけでラップをしなければいけない、という頑なさとも無縁で、英語もためらいなく使っていますね。

そうなんです。日本語も英語も混ざっているけどそれが何かの真似ではなく、言葉の音としての部分と意味としての部分が自分の中で同時に処理できている。だから、音としても響くし意味としても響くんですね。さらに“大人が思ってる、傷つきやすい10代の絶望ってこれでしょ?”みたいなこともさらっと歌ってしまうパフォーマーとしての才能もあって、その開き直りには、パンク心を刺激されます。これはもう俺だ! 俺がやりたかったことをやっている! と、共感すると同時にかっこいいな、と憧れる気持ちがあります。

__町田さんは1981年にINUというバンドでデビューされましたが、当時から交流のあったs-kenさんの新譜も聴かれているそうですね。

s-kenさんは1970年代から音楽活動をされていて、僕からしたらかなり先輩です。去年「ウエノ・ポエトリカン・ジャム」という詩のイベントで何十年ぶりかで再会して『Tequila the Ripper』というCDをいただきました。前に挙げた2曲とは違って、これはCDを聴いた後に映像を観ました。「ジャックナイフより尖ってる」という曲がすごくよくて、これは大きい音でサウンドもじっくり聴いてほしいですね。