『ハウス・オブ・グッチ』グッチ一族のスキャンダルを描いた映画の見どころは?|石田潤のIn The Mode | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

『ハウス・オブ・グッチ』グッチ一族のスキャンダルを描いた映画の見どころは?|石田潤のIn The Mode

グッチ創業一族のスキャンダルを描いた『ハウス・オブ・グッチ』。豪華キャストで話題を集める映画はインテリアにも注目したい。

グッチ家を狂わせた女性、パリツィアを演じるレディ・ガガ。ヴィンテージのダブルGドレスとバッグが80年代のムードを伝える。
グッチ創業者であるグッチオ・グッチの息子であり、ジョン・F・ケネディに「最初のイタリアファッション大使」と言われたアルド・グッチとアイコニックなスカーフ「フローラ」を完成したロドルフォ・グッチ。グッチの歴史を振り返る時に必ず登場する二つの名だが、その姿を目にしたことはなく、どこか物語の中の人物のように感じていた。この二人が突如、リアリティを持って浮かび上がってきた。
アルド・グッチのイタリアの家に集まるグッチ一家。ロケ地となった〈ヴィラ・バルビアーノ〉は現在Airbnbで宿泊することができる。
きっかけとなったのは、グッチ一族をテーマにした映画『ハウス・オブ・グッチ』。サラ・フォーデンによる同名の原作『ハウス・オブ・グッチ』(2001)をリドリー・スコットが映画化し、レディ・ガガ、アダム・ドライバー、アル・パチーノ、ジャレッド・レトという豪華キャストで話題を集めている。
マウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー)とパトリツィア・レッジャーニ(レディ・ガガ)。全身白でシックにまとめるマウリツィオと複数のアクセサリーを付けるパトリツィアのスタイルは対照的で、二人の育ちや性格の違いを表す。
『ハウス・オブ・グッチ』で描かれるのは、グッチ一族のスキャンダルだ。映画の冒頭で、この作品が実話に基づいたフィクションであるという一文が現れるが、名優たちの演技や時折登場するグッチのヴィンテージアイテムは、イタリアのソープオペラのようなこの映画に説得力を付与する。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!