幻のル・コルビュジエ本が、50年の時を経て初邦訳! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

幻のル・コルビュジエ本が、50年の時を経て初邦訳!

『カーサ ブルータス』2021年6月号より

亡くなる直前にル・コルビュジエ自身が承認した貴重な評伝。その価値を、建築史家の五十嵐太郎に聞く。

〈ロンシャンの礼拝堂〉をはじめとする代表作のスケッチも多数収録。さらに、ミースやジャンヌレとの2ショットも!
ル・コルビュジエが亡くなる10日前に自ら承認した評伝『ル・コルビュジエ みずから語る生涯』。刊行から50年を経て、未訳だった本著が、ついに初邦訳された。前半はル・コルビュジエの生涯の歩みをまとめた詳細な年表、後半は彼の発言集や建築・家具・絵画作品一覧、さらに著名人やメディアの彼に対するコメントなど、膨大な資料で構成される。

「すでに評伝はいくつか翻訳されていますが、生前に本人が公式に認めたことに価値があります」

そう語るのは、ル・コルビュジエに造詣の深い建築史家の五十嵐太郎。

「邦訳としては初出の手紙や写真もかなり多くあると思います。特に興味深いのは、政治家に向けて営業をしている手紙。実現しなかったプロジェクトの情報もあり、勉強になります」

豊富な資料の数々からは、彼の様々な側面が浮かび上がってくる。

「彼のプライベートな文章がちりばめられているので、本人の声が直接聞こえてくるような親密さが感じられます。読む側の興味の持ち方によって、様々なものを引き出せるタイプの本ですね」

いがらしたろう

建築史家、建築批評家。著書に『ル・コルビュジエがめざしたもの ―近代建築の理論と展開―』(青土社)など。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!