5月1日夜、向井山朋子のライブ世界同時配信。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

5月1日夜、向井山朋子のライブ世界同時配信。

オランダ・アムステルダムを拠点に活動するピアニスト/アーティストの向井山朋子による、ライブストリーミングコンサート「SUPER T: A Live」が、5月1日22時より世界同時配信されることが急遽決定した。

このライブストリーミングコンサートは、2020年末にアムステルダム、2021年夏に東京・スパイラルホールで開催予定の公演「SUPER T-market Amsterdam x Tokyo」のプレイベントの一環として配信されるもの。アムスの現代音楽ホール〈ムジークへボー〉を舞台に映像作家レニエ・ファン・ブルムレンによる光のインスタレーションの中で、向井山朋子がヤニス・キリアキデス作曲の「ラ・モード」をソロ演奏する。
Design by Simo Tse, Photo by Kazumi Kurigami
会場となるオランダ・アムステルダムの〈ムジークヘボー〉(Muziekgebouw aan 't IJ)は、2005年に設立されたコンサートホール。設計はコペンハーゲンを拠点とする〈3XN Architects〉が手がけた。
現在、世界各地の劇場やコンサートホールが閉鎖され、アーティストが活動の場を失っている。向井山が今回の配信に寄せたメッセージを紹介しよう。

「世界中の誰もが脅威にさらされ、不穏な空気と不確実な未来を前に立ち尽くしている今。劇場、ホール、美術館が閉鎖され、発表の機会が損なわれても、ウイルスは私たちアーティストのクリエーションを止めることはできません。世界のありようを照らし出しながら創作を続けます。アートには人に勇気を与え、真実に対峙させ、なぐさめ、擁する力があると信じたいから。」(向井山朋子)

SUPER T: A Live

5月1日 22時〜22時30分ごろ。YouTubeのjp SPIRALチャンネルにて無料配信。

向井山朋子

むかいやま ともこ 1991年国際ガウデアムス演奏家コンクールに日本人ピアニストとして初優勝。世界各国の楽団にソリストとして招聘され、新作の初演に携わる。また、近年は従来の形式にとらわれない舞台芸術やインスタレーション作品を発表。美術、建築、ファッション、ダンス、写真など幅広い分野とのコラボレーションを行う。

Reinier van Brummelen

レニエ・ファン・ブルムレン 1980年代中盤から映画のカメラマンとして活動。映画やテレビのライティングデザインやセットデザインも数多く手がけ、芸術的な視点と技術的な知識を併せ持つことで知られている。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます