〈福岡市美術館〉の優れたモダンアートコレクションがやってくる! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈福岡市美術館〉の優れたモダンアートコレクションがやってくる!

シュルレアリスムからポップアートまで、19世紀後半から20世紀後半までの近代美術の名作が〈埼玉県立近代美術館〉で見られます!

菊畑茂久馬《ルーレット No.1》1964年、福岡市美術館蔵
三岸好太郎《海と射光》1934年、福岡市美術館蔵
1979年に開館し、現在は工事休館中の〈福岡市美術館〉は国内でいち早くモダンアートの収集を開始し、優れたコレクションを所蔵している。この度、そのコレクションの中から選りすぐりの作品が約70点〈埼玉県立近代美術館〉にて展示される。
田中敦子《作品 1》1959-60 年、福岡市美術館蔵 (c) Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association
イヴ・クライン《人体測定(ANT 157)》1961 年、福岡市美術館蔵
タイガー立石《大停電 '66》1966 年、福岡市美術館蔵
今回の展示では、サルヴァドール・ダリなどのシュルレアリスム作品から戦後の抽象表現主義、アンディ・ウォーホルに代表されるポップアートまで、国内外から集められた名作の数々を通して美術史を総覧することができる。

また、菊畑茂久馬をはじめ、福岡を拠点に活動し既存の芸術や東京を中心とする価値観に反旗を翻した前衛美術家集団「九州派」の作品を関東で見られる貴重な機会でもある。

21世紀に入って20年近くが経つこのタイミングで、改めてモダンアートと作品の背景を「再訪」したい。

『モダンアート再訪 ダリ、ウォーホルから草間彌生まで
福岡市美術館コレクション展』

〈埼玉県立近代美術館〉

さいたま市浦和区常盤9-30-1
TEL 048 824 0111。4月7日〜5月20日。10時〜17時30分(入場は17時まで)。月曜休(4月30日は開館)。一般1000円。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます