ミラノ〈プラダ財団〉で『問いかける写真展』 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ミラノ〈プラダ財団〉で『問いかける写真展』

『カーサ ブルータス』2018年2月号より

イタリアの写真家、ステファノ・グラツィアーニが、美術作品の撮影を通じて、写真という記録のシステムと表現の間にある関係性を問いかける。

©Estate of Gordon Matta-Clark/SIAE
展示構成は、注目の建築ユニット、オフィス・ケルステン・ゲールス&ダヴィッド・ファン・セーヴェレンが手がける。

〈Fondazione Prada Milano Osservatorio〉

Galleria Vittorio Emanuele II, Milano TEL (39)02 5666 2611。〜2月26日。14時〜20時(土・日10時〜)。入場料10ユーロ。