写真に撮りたくなる日本のBESTアートスポット50|佐賀・福岡・大分編 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

写真に撮りたくなる日本のBESTアートスポット50|佐賀・福岡・大分編

『カーサ ブルータス』2021年9月号より

最近、撮影可能なアートスポットが増えています。目で見た喜びや感動を記憶と画像の中に保存する。いつか写真に収めたい50のスポットを厳選しました。Casa BRUTUS 9月号「アートを巡る、この夏」特集の企画から、この記事では佐賀・福岡・大分にある6スポットをご紹介!

■佐賀/武雄《ボルボ チームラボ かみさまがすまう森》

VOLVO teamLab: A Forest Where Gods Live (2021) by teamLab
teamLab, Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and Boats - Mifuneyama Rakuen Pond, 2015 (c) teamLab
2021年開催。制作:チームラボ。広さ150,000平米の大庭園〈御船山楽園〉を舞台にしたチームラボによるアート展は今年で7回目。推定樹齢3,000年の大楠や磐座など、長い年月をかけて守られ受け継がれてきた自然のありのままの姿をデジタルテクノロジーが20点以上のアートに昇華させている。写真の作品は、《小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング》。11月7日まで開催。

佐賀県武雄市武雄町武雄4100 TEL 0954 23 3131(御船山楽園ホテル)。19時〜22時30分(季節により変更)。会期中無休。入場料1,200円。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!