地球の歴史と今を考えるオラファーのパビリオン。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

地球の歴史と今を考えるオラファーのパビリオン。

『カーサ ブルータス』2021年1月号より

標高3,212m、アルプス山脈東部の南チロルにあるグラヴァント山頂にスチールとガラスのパビリオンが出現。

ホッヒョッホフェルナー氷河に永久展示されている。
オラファー・エリアソン。
オラファー・エリアソンが手がけた公共アートだ。手前にはまず410mの小径が続き、氷河期のサイクルを表した9つのゲートをくぐる。そしてパビリオンの中からは天体や、周囲に広がる氷河が観察できる。深遠な宇宙を仰ぎながら、気候変動で失われてゆく氷河を目の当たりに。

〈Our glacial perspectives〉

アクセスはシュナルスタルのケーブルカーで(I-39020 Kurzras)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます