クラシカルな建築で、浮遊する宮島達男のデジタルカウンター|青野尚子の今週末見るべきアート | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

クラシカルな建築で、浮遊する宮島達男のデジタルカウンター|青野尚子の今週末見るべきアート

首都圏の美術館では12年ぶりになる宮島達男の個展。『宮島達男 クロニクル 1995-2020』というタイトルの通り、彼の四半世紀の進化を探ります!

1階の「さや堂ホール」で展示されている《Floating Time》(2000)。ホスピス患者の精神的なケアを目的としたプロジェクトのために制作された。
冷たく光るデジタルカウンターが淡々とカウントを続ける。パフォーマーが数字を叫ぶ――。宮島達男は「数」に焦点をあて、80年代から制作を続けてきたアーティストだ。一方、〈千葉市美術館〉は、1996年の開館記念展『Tranquility - 静謐』に宮島も参加していたという縁のある場所。その開館25周年を記念して、宮島の個展『宮島達男 クロニクル 1995-2020』が開かれている。
「さや堂ホール」のファサード。開館時には重厚な扉が開かれて、ここからも中に入ることができる。
建物の内部から見た「さや堂ホール」。ネオ・ルネッサンス様式のホールは天井が高く、建ち並ぶ円柱が堂々たるたたずまいだ。
会場となる〈千葉市美術館〉はリニューアルを終えて7月に再オープンしている。もともと建物の7〜8階の2フロアを展示室としていたのだが、リニューアルに伴い、1階の「さや堂ホール」がメインエントランスとして機能することになった。「さや堂ホール」は1927年に建てられた旧川崎銀行千葉支店を保存したもの。古い建築を新しい建物でさやのように包み込む工法(鞘堂工法)から、この名前になった。天井高が8.4メートルにもなるダイナミックな空間だ。旧川崎銀行千葉支店は矢部又吉の設計とされている。新しい建物は大谷幸夫の設計だ。
「さや堂ホール」での作品《Floating Time》では鑑賞者の手や服に数字が映る。鑑賞者の身体に他者が決定した時間がデジタル数字となって動いていく。
闇に包まれた「さや堂ホール」に足を踏み入れると、赤、青、黄の三色に光る床にデジタルの数字が動き回っているのが見える。そのエリアに立つと、手や服の上でデジタル数字が浮遊する。《Floating Time》という作品タイトル通り、時間が浮遊していく作品だ。この「さや堂ホール」はリニューアル前にも時々、展示に使われていたが、今後はより積極的に使われていく予定だという。

今回の個展タイトルの「1995」は千葉市美術館の開館年だが、宮島にとっても転機になった年だ。1988年にヴェネチア・ビエンナーレ国際芸術祭で、主に若手にスポットをあてる「アペルト」部門に選ばれた宮島はこのころ世界各地で作品を発表、順調にキャリアを積み上げているように見えた。が、本人は当時を「スランプだった」と振り返る。

「デジタルカウンターの作品ばかり作っているような気がして、つまらなく感じていました。どこかにブレイクスルーする脱出口がないか、七転八倒していた」

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます